@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カンゾウ

栄養・生化学辞典

カンゾウ
 [Glycyrrhiza glabra].甘草と書く.バラ目マメ科カンゾウ属の多年草.根茎グリチルリチンを含み甘いので甘味料として用いたり薬用にする.若芽食用にする.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

カンゾウ
マメ科ウラルカンゾウなどの、根茎。鎮痛、鎮咳作用があり生薬として使用される。表記は「甘草」とも。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンゾウ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カンゾウの関連情報

関連キーワード

カンゾウ(甘草)グリチルレチン酸グリシレチン酸カンゾウ(甘草)犬甘草アセロラニレ(楡)グミサルトリイバラバンレイシ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation