@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カンパリ

デジタル大辞泉

カンパリ(Campari)
イタリアのリキュールビターオレンジ薬草原料苦味が強く、鮮やかな赤い色と柑橘(かんきつ)系の香りが特徴。食前酒として、またはカクテルにして飲む。商標名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

カンパリ
 ビターオレンジを主たる原料とする赤色の酒.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんぱり【カンパリ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

カンパリ【campari】
イタリアのアペリティフ用ビタースの一。ルビーのような赤色が美しく、快い苦みとさわやかな口当たりのため、カクテルなどに用いられる。 開発者のガスパーレ=カンパリの名にちなむ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典

カンパリ【Campari(イタリア)】

イタリアのダビデ・カンパリ社が製造するリキュールの商標名。ビターオレンジ、キャラウェイ、コリアンダーなど数十種の香草や香辛料の風味をスピリッツにつけ、加糖して製する。鮮やかな赤い色と苦味が特徴。カクテルの材料として用いられることが多い。◇1860年、ミラノに酒場を開いたガスパーレ・カンパリが考案したとされる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カンパリ
(Campari) イタリアの薬酒の商標名。苦みが強く、鮮やかな赤い色と柑橘系の香りが特徴。
※去年の梅(1970)〈立原正秋〉一・二「千枝はカンパリの水割りをなめながら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンパリ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カンパリの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation