@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カンビセス(2世)【かんびせす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

カンビセス(2世)
かんびせす
CambysesⅡ
(?―前522)

アケメネス朝ペルシアの王(在位前530~前522)。父キロス2世のバビロニア征服後、8年間皇太子および名代として政務をとった。紀元前530年父の戦死に伴って即位した。父王の遺志を継いで前525年エジプト征服に成功し、キュレネ(キレネ)など北アフリカのギリシア都市も支配下に置いた。カルタゴ、エチオピアなどの遠征も計画したが果たせなかった。帝国の中央集権化、専制化の政策を進めようとして、反乱を誘発した。前522年、王の不在に乗じて母国が離反し、エジプトからの帰路、北パレスチナで客死した。自殺したとも、狂死したとも、事故死したともいわれる。

[奥西峻介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンビセス(2世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カンビセス(2世)の関連情報

関連キーワード

ディオスクルスボニファチウス2世キュロス2世フェリクス4世(3世)爾朱栄新羅(しらぎ)パレスチナの人口動態ユダヤ・ロビーカタルーニャ住民投票慢性閉塞性肺疾患

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation