@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カンフェン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カンフェン
camphene
化学式 C10H16二重結合を1個もつ二環式モノテルペン。かすかなショウノウ様の香りのある結晶性の融点 52℃。旋光性があり,それぞれ異性体スギの針葉油,マツ科植物の枝葉油などに含まれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カンフェン
かんふぇん
camphene

天然に存在するモノテルペン系炭化水素であり、精油成分の炭化水素中で常温において結晶する唯一のものである。光学異性体があってd(+)体は樟脳(しょうのう)、レモンなどの精油成分、l(-)体はアビエス油、セイロンシトロネラ油などの成分、ラセミ体は多くの精油中に含まれている。市販品はすべて合成品で20%までのトリサイクレンを含有している。工業的にはα(アルファ)-ピネンを異性化して合成する。合成樟脳、殺虫剤、合成サンダルウッド系香料の製造原料として重要である。

[佐藤菊正]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

カンフェン
カンフェン
camphene

C10H16(136.23).二環式モノテルペンの一つ.ショウガ科ガジュツCurcuma zedoariaの精油に含まれている(+)-カンフェンと,多くのクスノキ科の植物の精油に含まれている(-)-カンフェン,および(±)-カンフェンが知られている.工業的には,塩化ボルニルアルカリで脱塩化水素化してつくる.(+)-カンフェンは,融点52 ℃,沸点158~160 ℃.+103.5°(エーテル).0.8486.1.4605.(±)-カンフェンは,融点51~52 ℃,沸点158~159 ℃.0.8422.1.4551.エーテル,クロロホルム,シクロヘキサンに可溶,エタノールに難溶,水に不溶.昇華性がある.[CAS 79-92-5:(±)カンフェン]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンフェン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カンフェンの関連情報

関連キーワード

アダマンタンピネンヒノキチオールかご形化合物(籠形化合物)テルペンユーカリ油ピネンリモネンカンフェン(データノート)ピネン(データノート)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation