@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カンポ広場【カンポひろば】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カンポ広場
カンポひろば
Piazza del Campo
イタリア,シエナの中央広場ベネチアサン・マルコ広場と並び,中世に造られた美しい広場として有名。丘陵尾根に発達した町の中心から大きく曲線を描いて延びる3本のメイン・ストリートの会合点のに,2本の道のに包まれる形で,谷に向って傾斜をもつ扇形の広場となっている。中世以来の市庁舎パラッツォ・プッブリコがあり,これと高さをそろえたシエナ独特の赤褐色の建物が取巻く。中世のシエナは厳重な建築規制によって広場周辺の景観を整えており,1398年の市参事会の報告書は「この世で最も美しい広場」と自賛している。当初からさまざまな祝祭の場に用いられたが,現在は夏季に開催される競馬パリオの会場として知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カンポ‐ひろば【カンポ広場】
Piazza del Campo》イタリア中部、トスカーナ州の都市シエナにある広場。旧市街の中心部に位置し、貝殻のような扇形で緩やかな傾斜がある。周囲には高さ102メートルのをもつプブリコ宮殿をはじめ、中世の建造物が並んでいる。毎年夏に2度、パリオ祭りという伝統的な裸馬競馬が催される。1995年、シエナ大聖堂やプブリコ宮殿、カンポ広場がある旧市街は「シエナ歴史地区」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんぽひろば【カンポ広場】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

世界の観光地名がわかる事典

カンポひろば【カンポ広場】
イタリア中部の都市シエナ(Siena)の中心部にある広場。丘の頂上にあるシエナ大聖堂を少し下ったところにある、穏やかな傾斜のある扇状の美しい広場で、この広場を中心に、丘の尾根に3つの通りが伸びている。この広場は、毎年夏、パリオ祭の競馬競技が行われる場所としても有名である。広場の周囲には、現在市庁舎として使われている、13世紀から14世紀半ばにかけて建設されたプブリコ宮殿が、その宮殿の左端にはマンジャの塔がそびえている。400段の階段の塔の頂上からはシエナの市街を見渡すことができる。シエナは中世、トスカーナ地方の中心としてフィレンツェと肩を並べる芸術の中心で、フィレンツェのライバル都市である。この広場の周辺には、当時の隆盛を今に伝える遺構佇まいが残っている。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンポ広場」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カンポ広場の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation