@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カートライト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カートライト
Cartwright, Edmund
[生]1743.4.24. ノッティンガムシャー,マーンハム
[没]1823.10.30. サセックス,ヘースティングズ
イギリスの発明家,事業家,聖職者。オックスフォード大学を卒業して教区司祭となった。 1786年リンカーン大聖堂参事会会員。 84年にアークライトの工場を見学してから織機に興味をもち,85年,動力織機発明して,その特許を得た。この機械を改良し,蒸気機関を動力とする紡績工場を建設。工場そのものは8年後に倒産したが,彼はほかにも羊毛の梳毛機械 (1789) ,ない機,アルコール蒸気機関などの発明,改良に打込み,産業革命期のイギリスの技術に大きな貢献をした。 1809年,議会は彼の功績に対して1万ポンドを贈った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カートライト
Cartwright, John
[生]1740.9.17. ノッティンガムシャー,マーンハム
[没]1824.9.23. ロンドン
イギリスの急進的な議会改革主義者。多数のパンフレットを発行し憲法情報協会 (1780) ,ハムデン・クラブ (1812) を創設。その主張の大部分はのちに人民憲章のなかに具体化された。動力織機の発明で有名な E.カートライトの

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カートライト
Cartwright, Thomas
[生]1535
[没]1603.12.27.
イギリスの清教徒神学者。ケンブリッジ大学に学ぶ。宗教改革賛意を示したため,メアリー1世の即位とともに追放され (1553) ,彼女の在位中は国外に亡命。帰国後,ケンブリッジ大学のフェローとなるが,イギリス国教会の教規や制度を激しく批判したため,4度も国外に逃亡した。しかし不屈の意志をもって,エリザベス1世治下の清教主義運動の指導者として活躍した。また長老派主義をチャネル諸島に広めるためにも努力した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カートライト
Cartwright, Alexander Joy
[生]1820.4.17. ニューヨーク,ニューヨーク
[没]1892.7.12. ハワイ,ホノルル
現行の野球ルールの原型をつくった人物。ニューヨークのアマチュア野球チーム,ニッカーボッカー野球クラブ創設者の一人で,本職は測量技師。1845年チーム内に設けられた委員会の長としてルールを制定。翌 1846年ニュージャージー州ホーボーケンで行なわれたニッカーボッカー対ニューヨーク・ナイン戦で,このルールが初めて採用されたといわれる。ロビン・カーバーの "Book of Sports"(1834)を下敷きにしつつ,いくつかの重要な新規定を導入。走者をアウトにする際,ボールを投げて走者にあてる従来の方法に替え,守備側の者がにボールを送る方法を導入したのがその代表例で,これにより硬球の使用が可能になった。また,塁間を 90フィート(27.432m)に定めたのもカートライトとされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カートライト(Edmund Cartwright)
[1743~1823]英国牧師・発明家。1785年蒸気機関による織機を発明し、産業革命推進に貢献した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カートライト【Edmund Cartwright】
1743‐1823
イギリスの発明家。ノッティンガムの出身。オックスフォード大学で神学を学び1779年牧師となる。84年に偶然R.アークライトの紡績機械の特許が近いうちに切れ綿糸の増産が可能となることを知り,今後織機の開発が必要と予感し,まったくの素人ながら指物師鍛冶屋の協力を得て試作にとりかかる。織機のもつ往復運動をカムスプリングを用いて動力と連結するもので,85年の特許取得以来何度となく改良をすすめ,87年,92年と特許を取得した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

カートライト
(Edmund Cartwright エドモンド━) イギリスの発明家。牧師。力織機・梳毛機(そもうき)などを発明。(一七四三‐一八二三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

カートライト
Edmund Cartwright
1743〜1823
イギリスの発明家
生涯を敬虔 (けいけん) な牧師として過ごした。その一方,産業革命期にアークライトの水力紡績機の発明で糸が生産過剰となったことを知り,織機の改良を開始。1785〜87年,水力を用いる動力織機(力織機)をつくり,89年に蒸気機関を応用して力織機を完成。木綿工業の発展に寄与

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カートライト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カートライトの関連情報

関連キーワード

ルクレールツンベリー生島新五郎烏亭焉馬江戸半太夫尾形乾山亀井南冥クラプロートコンドルセ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation