@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カーニバル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カーニバル
carnival
カトリックを信仰する諸国で,復活祭に先立つ 40日間の四旬節の前,3日ないし 1週間にわたって催される民俗的な祭り。謝肉祭とも呼ばれる。語源中世ラテン語carnem levareもしくは carnelevarium(ともに「肉を取り除く」の)とみられる。起源は古代ローマ時代の農神祭と考えられ,キリスト教徒によって継承された。かつては 12月25日から始まり,新年の祭りと十二日祭とを含んでいたものが,ヨーロッパ南部ではカーニバルとなり,北部ではキリスト降誕祭(クリスマス)となった。カーニバルは,断食と苦行が義務となる四旬節の前に肉を食べて遊び楽しむことを目的とし,行事としては仮面をつけたり張り子の偶像を伴ったりするパレードなどが一般的である。大衆的な歌や演劇民俗舞踊の発展に重要な役割を果たしてきた。今日ではイタリアのベネチア,フランスのニース,ドイツのケルン,ブラジルのリオデジャネイロのものなどが世界的に名高い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カーニバル(carnival)
《ラテン語で、肉を断つことの意》
謝肉祭。カトリック教国で、四旬節(しじゅんせつ)の直前に3日ないし1週間にわたって行われる祝祭。冬の悪霊追放、春の豊作・幸運祈願に由来し、仮装行列を伴いしばしば狂騒的となる。 春》
陽気なお祭り騒ぎ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カーニバル【carnival】
カトリック系ヨーロッパ社会で始まった,年に1度の民衆的祝祭。〈謝肉祭〉と邦訳される。カーニバルの起源は,現世を支配する社会機構からの解放と農神サトゥルヌスの黄金時代への回帰を実現する,ローマ時代の農神祭サトゥルナリアのような先キリスト教文化の農耕儀礼にたどることができる。節の循環と神話を豊饒儀礼として祭式化したサトゥルナリアの精神は,中世,ルネサンス期のヨーロッパ民衆文化に受け継がれ,復活祭(イースター)の40日前から,荒野で修行したキリストをしのんで,おもに獣肉を断ち懺悔を行う四旬節が始まるが,それに先立つ3~7日間,飽食と笑いの祝祭として,教会暦のなかに非公式的に定着した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

カーニバル【carnival】
謝肉祭。
にぎやかなお祭りさわぎを伴う催し。 海の-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カーニバル
かーにばる
carnival
キリスト教国のうち、主としてローマ・カトリックの国々で行われる祭り。謝肉祭と訳される。毎年復活祭(イースター)の40日前から始まる四旬節の期間中は、キリストの断食をしのんで肉食を絶つ習慣があるが、カーニバルは四旬節前に肉を食べて楽しく遊ぼうというための行事である。3日ないし8日間行われ、ラテン語のカロ・ウァーレcaro vale(肉よ、さらば)またはカルネム・レウァーレcarnem levare(肉を取り除く、肉食を絶つ)が語源とされる。
 カーニバルの起源はローマ時代の冬至祭Saturnaliaである。キリスト教の初期に、この新宗教に加入したローマ人を懐柔するために、彼らの間で行われていた農耕祭を認めたもので、キリスト教としては異教的な祭りであった。初期のカーニバルは、主顕祭(12日祭、1月6日)から四旬節の始まる前日の懺悔(ざんげ)火曜日までであったが、歴代教皇によって、四旬節の最初の日の聖灰水曜日の直前6日ないし7日に限るとされた。ローマの冬至祭はサトゥルヌスSaturnus(農業の神)の祭りで、農神祭あるいは収納祭といわれていた。これがカーニバルとクリスマスの起源となった。キリスト教徒によって受け継がれたときは、12月25日から始まって、新年の祭りと12日祭の両方をあわせ含んだものであった。これがヨーロッパの南国では戸外のお祭り騒ぎを主にしたカーニバルになり、北国では宗教的意義をもつクリスマスとなった。
 カーニバルの行事は時代と国々によって異なる。農山村では豊作・多幸を祈念する春の祭りで、古くから伝わる仮面・仮装や張り子の偶像が悪霊に対する威嚇を象徴したものであるのに対し、都会では仮装や張り子の偶像による行列などが盛大に行われる。オーストリアのウィーンのように、国立劇場で音楽や歌劇を楽しむ風習もある。世界的に名高いのは、イタリアのフィレンツェ、ベネチア、南フランスのニース、ドイツのケルン、スイスのバーゼル、アメリカのニュー・オーリンズ、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロなどであるが、なかでもリオのカーニバルは、毎年おびただしい死者や負傷者が出ることでも知られている。こうした行事にちなんで、仮装行列などのあるにぎやかな催しや祭りをカーニバルとよぶようになった。日本でも1948年(昭和23)鎌倉で「鎌倉カーニバル」が行われてから、夏に「海のカーニバル」を催して女王を選出する行事などがみられる。[佐藤農人]
 カーニバルの特徴はヨーロッパ中世においてもっとも明白に現れる。秩序に縛られない精神の高揚・一体感を与えるカーニバルにおいては、フランソア・ラブレーの作品などをみると、日常の社会規範や秩序が一時的に転倒された祝祭空間が立ち現れ、仮装・暴飲暴食・悪口雑言・痴愚王など、封建制度やキリスト教倫理による束縛の枠外にあるさまざまな要素が存在していたことがわかる。この祭りは冬を追い払い春を迎えるために行われる祭りに由来するため、一時的な秩序の転倒を組み込む点で、季節や人生の段階の変わり目に行われる通過儀礼と共通点をもつ。カーニバルにおける反秩序的な状態は本来一時的なものであり、カーニバルを通過することによってふたたび活性化された本来の秩序が、祭りの終了と同時に回復されるが、フランスのロマンという都市で発生した虐殺など、カーニバルが社会の矛盾を顕在化させ暴動にまで発展した例もある。[木村秀雄]
『M・バフチーン著、川端香男里訳『フランソワ・ラブレーの作品と中世・ルネッサンスの民衆文化』(1973・せりか書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カーニバル
〘名〙 (carnival 本来は「肉食を断つ」の意)
① カトリックで、肉食を慎しむ四旬節の前三~八日間行なわれる祝祭。仮装パレードなどがはなやかに行なわれる。謝肉祭。《季・春》 〔舶来語便覧(1912)〕
② 転じて、宗教的な背景のない、単なる西洋風のお祭り騒ぎをもいう。仮装行列や美女のパレードなど。〔外来語辞典(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カーニバル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カーニバルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation