@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カーネーション

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カーネーション
Dianthus caryophyllus; carnation
ナデシコ科の多年草。南ヨーロッパから西アジアにかけての原産。もっぱら観賞用に栽培され,オランダセキチクともいう。葉,緑色にやや青白色を帯び,茎は直立して高さ 30~90cm,狭線形の葉を対生する。花は茎の頂部に集散花序につき,基部には鱗片状の包葉と筒状のがある。花弁の縁に鋸歯があり,蒴果には黒色小型の種子が生じる。園芸品種が多く,花色,花の大小もいろいろで,一般に八重咲きのものが植えられている。温室栽培が普通であるが,露地に植えられる品種もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

カーネーション
原産地は南欧から西アジアの地中海地域。主産国はかつて米国オランダなど欧米だったが、今では中南米やアジアに移ってきている。母の日との結びつきは米国が発祥とされる。国学院大の新谷尚紀教授(民俗学)によると、20世紀初頭に米国女性が南北戦争の負傷兵を救護した母をしのぶ会を教会で開いたのが起源になったとのがある。その際にたむけられたのがカーネーションだったという。
(2010-04-24 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

カーネーション(carnation)
ナデシコ科の多年草。高さ20~90センチ。葉は線状で対生し、茎とともに白みを帯びる。夏に花をつけ、花色は赤のほか桃・白色などがあり、八重が多く栽培されるが、本来は5弁花。南ヨーロッパ・西アジアの原産で、江戸時代に渡来。母の日のシンボルとする。オランダ石竹(せきちく)。オランダなでしこアンジャベル 夏》「灯を寄せし―のピンクかな/汀女

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

カーネーション
NHKのドラマシリーズ「朝の連続テレビ小説」の作品のひとつ。2011年10月~2012年3月放映。脚本:渡辺あや。音楽:佐藤直紀。主題歌:椎名林檎。出演:尾野真千子、夏木マリ、小林薫、ほっしゃん。ほか。大阪岸和田を舞台に、ファッションデザイナー「コシノ三姉妹」の母親で、自身もデザイナーであった小篠綾子の大正から平成にわたる生涯を、フィクションを交えて描く。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カーネーション
日本のポピュラー音楽は女性シンガーソングライター、椎名林檎。2011年発売。NHK、朝の連続テレビ小説「カーネーション」の主題歌。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カーネーション【carnation】
南ヨーロッパ原産のナデシコ科Dianthus caryophyllus L.を基本にして,近縁のナデシコ類(セキチクなど)が交配されて作出された園芸植物(イラスト)。現在の園芸種D.caryophyllus L.はすでに古代ギリシア時代に栽培が始まり,17世紀にはフランスやイギリスで品種改良が行われ,さらに19世紀になると他種との交配などによって多数の品種が育成された。日本へは江戸時代後期にオランダより渡来したためにオランダセキチクと呼ばれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

カーネーション【carnation】
ナデシコ科の多年草。南ヨーロッパおよび西アジア原産。高さ約80センチメートル。全体が白緑色で、茎の節の部分から線形の葉を対生する。夏、芳香ある五弁花を開く。栽培するものは大形の八重咲き品種で、ピンク・赤・白・絞りなど多様。オランダセキチク。アンジャベル。麝香撫子じやこうなでしこ[季] 夏。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カーネーション
かーねーしょん
carnation
[学]Dianthus caryophyllus L.
ナデシコ科の多年草。オランダセキチクまたはジャコウナデシコともいう。南ヨーロッパ、西アジア原産。高さは20~90センチメートルで直立し、よく枝を出す。葉は対生し、線状で灰緑色。1ないし数個の花をつける。原種の花色は鮮赤色であるが、現在は花色が豊富となり、絞りや覆色(ふくしょく)などもある。花弁は元来5枚であるが、数十枚のものが多く、弁先は切れ込みが多い。雄しべは一重咲きでは10本、八重咲きは不完全ながら数本つく。雌しべの花柱は2裂する。花の大きさは種類により大小があり、花径2、3センチメートルから10センチメートル以上のものまである。萼(がく)は円筒形で先端は5裂し、基部に菱形(ひしがた)の小包葉が数枚つく。温室や露地で切り花用に栽培され、また花壇にも利用される。最近は矮性(わいせい)種がつくられ、鉢植えにもされる。現在のカーネーションはカリオフィルスの改良種ではなく、ダイアンサス・シネンシスその他ダイアンサス各種との交雑によってつくられた系統とされている。
 種類を大別すると、実生(みしょう)の一季咲きと四季咲き、栄養繁殖(主として挿し芽)の一季咲きと四季咲きとに分けられる。実生の一季咲き種にはボーダーがあり、品種にグレナダン、アーリードワーフビンナなどがある。5~6月に数十本の花茎を伸ばし、多くの花をつける。四季咲き種にはシャボー、アンファンドニース、マーガレットなどあり、矮性種のピグミードワーフ、F1(雑種第一代)のピカデリーやナイトなど、優秀な品種が作出されている。栄養繁殖するのはほとんど四季咲きのパーペチュアル系で、中・大輪の一輪切り花用として栽培されていたが、近年、脇芽(わきめ)摘みの労力を省力化するため、小輪多花性のスプレー系がよく栽培されるようになり、とくに日本で作出されたエンゼル系の栽培は急増している。中輪の一輪切り花用の代表品種としてよく栽培されたコーラル、ピーターなどは、近年極端に少なくなり、大輪系の栽培に変わっている。[魚躬詔一]

栽培

実生の一季咲き種は5~6月に、四季咲き種は8月下旬~9月中旬に播種(はしゅ)し、冬は霜除(よ)けをし、早春に定植するとよい。また鉢植えの最新品種は6~7月と播種を早め、温室で育て、早春から出回るようになった。栄養繁殖は、一季咲きは6月、四季咲きは8~9月に挿芽をするといずれも翌春に開花する。温室栽培では普通2~4月挿芽、6~7月定植とする。近年、栄養繁殖系のカーネーションでは、ウイルス病対策として成長点培養(メリクロン)の苗が用いられるようになり、多年草の宿命ともいえるウイルス病は少なくなった。[魚躬詔一]

文化史

原種の栽培は古代ギリシア・ローマ時代からで、観賞以外にワインの香りづけにも使われた。イギリスには、一説によると紀元前55年にカエサルの兵が持ち込んだと伝えられ、17世紀に改良が進んだ。イギリスの薬剤師パーキンソンは1629年、『地上の楽園』で51の品種をあげて図示し、以降20世紀にアメリカにとってかわられるまで、イギリスはカーネーションの栽培と改良の中心地であった。日本にはオランダから正保(しょうほう)年間(1644~48)に渡来し、オランダセキチクとよばれた。カーネーションの名は、大正期以降、ガラス温室の普及で大量生産が始まるとともに定着した。また母の日にカーネーションを飾る習慣は、1907年にアメリカ、フィラデルフィアのアンナ・ジャービスという娘が、母の命日にカーネーションの花を教会で配ったことと、1914年アメリカ政府が5月の第2日曜日を母の日に制定したことが結び付き、広がっていった。スペイン、モナコ、ホンジュラスの国花である。[湯浅浩史]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カーネーション
〘名〙 (carnation) ナデシコ科の多年草。南ヨーロッパ、西アジア原産で日本には江戸時代に渡来し、花壇や切り花用に栽培される。茎は直立して高さ三〇~九〇センチメートルになり、上部でよく分枝し、基部は木質化する。葉は対生で線形。夏、芳香のある紅、白などの美しい花を開く。花弁は元来五枚だが八重咲きが多く、先端が歯牙状になっている。「母の日」のシンボルの花として贈られる。和名オランダセキチク。アンジャベル。じゃこうなでしこ。《季・夏》
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉夏「古い漬茄子色になった紫の痿々(なえなえ)の袴を着けた二人が、早咲のカアネエションに花粉の媒助を遣って居る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カーネーション」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カーネーションの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation