@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カーライル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カーライル
Carlisle, John Griffin
[生]1835.9.5. ケンタッキー
[没]1910.7.31.
アメリカの法律家,政治家。 1871年ケンタッキー州副知事。連邦下院議員 (1877~90) ,83年以降下院議長をつとめ,関税改革に活躍し,93~96年財務長官に就任

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カーライル
Carlyle, Thomas
[生]1795.12.4. アナンデール,エクルフェカン
[没]1881.2.5. ロンドン
イギリスの著述家,歴史家。石工の息子から身を起し,エディンバラ大学に学ぶ。学校教師を経て文筆を業とし,ドイツ文学を研究,ゲーテに傾倒。宗教的懐疑や,産業主義がもたらす社会問題に悩んだが,ドイツ哲学の影響によって煩悶から抜け出し,超越論的観念論の立場をとるにいたった。ビクトリア朝思想界の一方の雄。エマソンとの交友も有名。主作品『衣装哲学』 Sartor Resartus (1833~34) ,『フランス革命』 The French Revolution (37) ,『英雄および英雄崇拝』 On Heroes,Hero-Worship,and the Heroic in History (41) ,『フリードリヒ大王伝』 The History of Friedrich II of Prussia,Called Frederick the Great (58~65) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カーライル
Carlisle
アメリカ合衆国,ペンシルバニア州南部の都市。州都ハリスバーグの西約 30kmのカンバーランドの谷にある。地名イギリス北西部の県名とその県都名に由来する。定住開始は 1720年,初期にはインディアンとの紛争が多かった。 18世紀後半には,中西部に向う多くの遠征隊の出発地となった。産業としては,敷物絨毯タイル,タイヤ,鋼鋳物,ラジオ部品,紙,繊維,衣料などの製造工業がある。人口1万 7492 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カーライル
Carlisle
イギリスイングランド北西部,カンブリア県の県都。周辺を含めてカーライル地区を構成する。ロンドンの北北西約 430km,スコットランドとの境界近くにあり,イーデン川下流部に臨む。ローマ時代にハドリアヌス長城の西端を守る要塞の近くに形成された集落に始まる町で,4世紀にローマ人に放棄されたのちしばしば領有が変わったが,12世紀半ばイングランド領となり,イングランド北西部の戦略の要地として発展。18世紀末から綿織物工業が発達。ほかに,食品,製菓,機械などの工業がある。1830年代に鉄道が通じて以降,交通の要地でもあり,鉄道,道路が放射状に延びている。風光明媚なレークディストリクト湖水地方)への入口。地区面積 1040km2。地区人口 10万3500(2004推計)。都市人口 7万1733(2001)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カーライル(Carlisle)
英国イングランド北西部、カンブリア州の都市。同州の州都。スコットランドとの境界に近く、古代ローマ時代にハドリアヌス長城が築かれたほか、スコットランドとの抗争が繰り返され、軍事上の要衝地であった。スコットランド女王メアリー=スチュアート閉されたカーライル城や12世紀に建てられたカーライル大聖堂など、歴史的建造物が多く残っている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カーライル(Thomas Carlyle)
[1795~1881]英国評論家・歴史家。ロマン主義立場から、功利主義批判。英的指導者による社会の改革、人間性の回復を主張した。衣装哲学」「フランス革命史」「過去と現在」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カーライル【Carlisle】
イギリス,イングランド北西部,カンブリア州の州都,商工業都市。人口10万3000(1993)。ローマ人の居留地に始まり,ローマの撤退後はその地理的位置ゆえにイングランドとスコットランドの間で争奪の対象となったが,1092年ウィリアム2世が城壁を築き,以後イングランドの北部防衛上の拠点として発達した。12世紀に自治都市としての勅許をうけ,主教座聖堂も建立された。19世紀以降は鉄道網の中心となり,綿工業によって栄えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

カーライル【Thomas Carlyle】
1795‐1881
イギリスの思想家,歴史家。スコットランドの寒村に生まれ,苦学しながら牧師を志してエジンバラ大学に学んだが,宗教的懐疑に陥り,ゲーテを読して懐疑主義を脱したことから文筆の道を志すこととなった。《ウィルヘルム・マイスター》を翻訳,その他ドイツ文学の紹介を雑誌に寄稿していたが,1833‐34年,自己の思想的立場の宣明である《衣装哲学》を雑誌に発表。奇想に富むこの作品はなかなか理解されなかったが,ロンドンに出て書いた大作《フランス革命史》(1837)は色彩豊かで生動する叙述により大好評を博した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

カーライル
(Thomas Carlyle トーマス━) イギリスの思想家、歴史家。ドイツ観念論哲学の流れをくみ、ロマン主義文学に親しむ。著「衣裳哲学」「フランス革命史」「英雄および英雄崇拝」「過去と現在」など。(一七九五‐一八八一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

カーライル
Thomas Carlyle
1795〜1881
イギリス−ヴィクトリア朝期の評論家・思想家
初めドイツ文学を研究,ゲーテを崇拝してその作品をイギリスに紹介。1837年の『フランス革命史』で一躍有名になったのち,英雄崇拝を強調し,また『過去と現在』で人道主義の立場から資本主義を批判した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カーライル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カーライルの関連情報

関連キーワード

ゴーゴリバルザックポー(Edgar Allan Poe)フランツゴーゴリ都市自治体法トムソンシャノアーヌビーダーブラント

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation