@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カール(12世)【かーる】

日本大百科全書(ニッポニカ)

カール(12世)
かーる
Karl
(1682―1718)
スウェーデン王(在位1697~1718)。カール11世の息子。1697年即位、まもなく親政を開始した。1700年北方戦争が始まると、自ら軍を率いてまずデンマークを下し、さらにナルバにおいてロシア軍を撃破。続いてポーランドに侵入し、06年までにポーランド、ザクセンを制圧。07年ロシア侵攻を開始したが、08年補給困難のためウクライナに転じ、09年ポルタバにおいて大敗、トルコに亡命した。トルコ宮廷を動かしロシアと開戦させたが、12年ロシア・トルコ両国の講和を不満とし、追放され15年帰国。帰国後、ロシア、デンマーク、プロイセンなどの攻撃により窮地にあったスウェーデンを救うため、軍を再建する一方、ロシアとの単独講和を企てる。18年ノルウェーに侵入し、フレデリクスハル要塞(ようさい)を攻囲中に戦死。子供はなく、妹のウルリカ・エレオノラとその婿のヘッセン地方伯フレドリクが後を継いだ。治世の大半は戦陣にあり、通称を「兵隊王」という。[本間晴樹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カール(12世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カール(12世)の関連情報

関連キーワード

アウグスト[2世]宮崎安貞元禄の大火カルル12世ツェワン・アラプタン(策妄阿拉布坦)ニェゴシュ朝宮崎安貞アウグスト(2世)イギリス・フランス植民地戦争ポーランド史

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation