@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カール(14世)【かーる】

日本大百科全書(ニッポニカ)

カール(14世)
かーる
Karl
(1763―1844)
フランスの軍人、のちにスウェーデンおよびノルウェーの国王(在位1818~44)。現スウェーデン王室の祖。元の名はベルナドットBernadotte, Jean Baptiste Jules。南フランスのポーの出身。1780年軍に入り、89年のフランス革命勃発(ぼっぱつ)後頭角を現し、94年将官となり、ライン地方、イタリアなどで戦った。98年駐ウィーン大使、99年夏陸相。ナポレオンの独裁成立後一時閑職に置かれたが、1804年元帥となり、05年以後軍団司令官としてオーストリア、ドイツ、ポーランドなどを転戦。06年ポンテ・コルボ大公に叙せられた。10年スウェーデン議会から、前年3月の革命により即位した国王カール13世の養嗣子(ようしし)に指名され、妻子とともにスウェーデンに赴く。ただちに王太子として政治、軍事の実権を握り、12年フランスと絶縁し、13年対ナポレオン戦争に参加、14年デンマークにノルウェーを割譲させた。18年即位。在位中、対外的には協調政策をとり、経済の再建にも一定の成果をあげたが、内政面ではかなり反動的な政策をとり、また生涯スウェーデン語を学ぼうとしなかった。彼の妻ユージェニーは、ナポレオンの兄ジョセフの妻ジュリーの妹である。[本間晴樹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カール(14世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カール(14世)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation