@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カールフェルト

デジタル大辞泉

カールフェルト(Erik Axel Karlfeldt)
[1864~1931]スウェーデン詩人郷里自然と生活を、音楽性に富んだ叙情詩で表現した。死後ノーベル文学賞受賞。作「荒野と愛の詩集」「秋の角笛」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カールフェルト【Erik Axel Karlfeldt】
1864‐1931
スウェーデンの詩人。《荒野と愛の詩集》(1895)から《秋の角笛》(1927)にいたる六つの詩集がある。郷里ダーラナを愛し,その自然と人情を知的な抒情詩にうたいあげた。1904年スウェーデン・アカデミー会員,12年以降常任事務総長に就任,現職のまま死去。死の直後,固辞していたノーベル文学賞を贈られた(1931)。工業化のさなかにあって,郷土文化保存運動の担い手でもあった。【田中 三千夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

カールフェルト【Erik Axel Karlfeldt】
1864~1931 スウェーデンの新ロマン派の民族詩人。故郷ダーラルナ地方の自然を抒情味豊かにうたった。代表作「フリドリンの歌」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カールフェルト
かーるふぇると
Erik Axel Karlfeldt
(1864―1931)
スウェーデンの詩人。ダーラナ地方の農村出身。『荒野と愛の詩集』(1895)から『秋の角笛(つのぶえ)』(1927)に至る6編の詩集のなかで、音楽性の高い叙情詩に託して郷里ダーラナの風物、人情を繰り返し歌い上げた。1904年アカデミー会員、12年常任事務総長となった。31年ノーベル文学賞を死後受賞。ほかに詩人の評伝、若干の散文もある。スウェーデン工業化の反動としておこった郷土文化保存運動のなかで、心ゆくまで郷里を歌い上げた彼は、詩人としての栄光ばかりか現実の生活でも恵まれた生涯を送った。「ダーラナの詩人」と称された彼の作品を鑑賞するには、ダーラナ地方のやせた土地柄、厳しい自然の中に、伝統に心のよりどころをもつ誇り高い、この特殊な風土、人情への理解が望まれる。[田中三千夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カールフェルト
(Erik Axel Karlfeldt エリック=アクセル━) スウェーデンの詩人。郷土を題材として、牧歌的で格調の高い抒情詩を書く。死後ノーベル文学賞を追贈された。代表作「フリドリーンの歌」。(一八六四‐一九三一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カールフェルト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カールフェルトの関連情報

関連キーワード

清水宏斎藤寅次郎五所平之助マキノ雅広ルロイ稲垣浩成瀬巳喜男元治内田吐夢島津保次郎

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation