@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ガウス【がうす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ガウス(磁束密度の単位)
がうす
gauss
CGS単位系の磁束密度の単位。1平方センチメートル当り1マクスウェル、または1平方センチメートル当り1本の磁気誘導線、あるいは1万分の1テスラに等しい。Gで表す。1930年の国際電気標準会議で決められたもので、名称はドイツの数学者であり物理学者でもあるガウスの業績にちなんでいる。なお、地球の磁界は0.2~0.3ガウス程度の磁束密度である。[小泉袈裟勝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガウスの関連情報

関連キーワード

電磁気の単位系ガウス単位系CGS単位系ストークス計測フォトガウス単位系エルステッドガウス単位系CGS単位系

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation