@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ガウディ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ガウディ
Gaudí y Cornet, Antonio
[生]1852.6.25. レウス
[没]1926.6.10. バルセロナ
スペインの近代建築家。スペインのアール・ヌーボー建築の代表者。1869年頃からバルセロナに住み,1878年バルセロナの建築学校を卒業。ウージェーヌ=エマニュエルビオレ=ル=デュクやジョン・ラスキンの著作に影響され,ゴシック様式(→ゴシック建築)の近代化に努め,ムデハール様式カタルニャの生活環境の伝統を受け継ぎ,動植物から直接ヒントを得た形態を建築に取り入れた,特異な様式を完成。その曲線主体のデザインや,彩陶タイルを用いた多彩な装飾は,ガウディを 20世紀の最もユニークな建築家と位置づけている。代表作にはバルセロナのビセンス邸(1878~80),グエル邸(1885~89),グエル公園(1900~14),カサ・バトリョ(1904~06),カサ・ミラ(1905~10),未完の大作サグラダ・ファミリア聖堂(1883~ )などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ガウディ(Antonio Gaudi y Cornet)
[1852~1926]スペインの建築家。曲線・曲面多用と多彩な装飾を特色とする幻想的作風で知られる。住宅カサ‐ミラなど作品は多い。サグラダファミリア(聖家族)聖堂は1882年に前任者により着工し、翌年からガウディが設計を担当。工事は現在も続いている。アントニオ=ガウディ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ガウディ【Antonio Gaudí y Cornet】
1852‐1926
スペインの建築家。1878年,バルセロナの建築学校を卒業。ゴシック建築の合理性の発展,カタルニャ独自の建築技術の適用,イスラム風の装飾性などの諸要素を彼独自の詩想のなかで融合し,バルセロナおよびその周辺,さらにアストルガレオンなどにもその建築を残している。とりわけ,当時のカタルニャの代表的な実業家グエル侯爵との交友のもとに建築した《フィンカ・グエル》(1864‐87),《グエル邸》(1886‐89),《グエル公園》(1900‐14),《コロニア・グエルの地下聖堂》(1908‐16)のほか,《カサ・ミラ》(1906‐10)や現在でも建築続行中の聖家族贖罪教会(サグラダ・ファミリア教会,1883‐)が名高い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ガウディ
がうでぃ
Antonio Gaudí y Cornet
(1852―1926)

スペイン(カタルーニャ)の建築家。6月26日カタルーニャのレウスに生まれる。父は銅細工師で、経済的にはあまり恵まれない環境に育った。1874年バルセロナの建築学校に入学したが、在学中からビリャールFrancisco de Paula del Villar y Lozano(1828―1903)やフォントセレJosep Fontsere i Mestres(?―1897)などの著名な建築家の仕事を手伝って実務を学んだ。78年の卒業後、マタロ労働者協同組合機械工場(1882)の設計を手始めに、精力的な設計活動を開始した。たとえば、ビセンス邸(1885)、別荘「エル・カプリチョ」(1885)、グエル別邸(1888)、グエル邸(1889)などが彼の初期を飾る作品群であり、いずれもスペインに特有のイスラム系デザインの投影がみられる美しい装飾的細部をもつ。この時期の仕事を通して、建築家としての彼の後の生涯に重要なかかわりをもち、パトロンとなったコミリャス侯爵やグエル家の人々と出会っている。

 1883年には、ガウディは、ビリャールから引き継いで、バルセロナのサグラダ・ファミリア教会の設計責任者となり、この仕事は彼の死に至るまで続いた。

 1890年代には、聖テレジア学院(1890)や、アストルガ監督教会司教館(1893)、レオンのボチネス邸(1894)などがつくられたが、この時期にはゴシック系のデザインがしばしば取り入れられた。1892年にはモロッコに旅し、タンジールのフランシスコ修道会の建物の設計を行ったが実現しなかった。

 1900年を境にして、ガウディの設計は前期と後期に分かれる。20世紀に入ると、ガウディは過去の建築様式の制約からほとんど自由になり、大胆な構造による空間と、奔放な意匠と装飾をもつ、きわめて独創的な作品を実現するようになる。たとえば、カサ・カルベット(1904)、カサ・バトロ(1906)、カサ・ミラ(1910)などの一連の住宅建築の傑作が一方にあり、他方にはグエル公園(1900~14)、コロニア・グエルの聖堂(1908~14、地下祭室のみが実現)などの仕事があった。とくに注目すべき点は、大規模な空間を被覆する建物の設計で彼が示した創意に満ちた構造的な処理方法であった。

 また1883年以来のサグラダ・ファミリア教会の仕事は、最初に地下祭室を完成させたのち、アプス(後陣)の外壁面、付属幼稚園、キリストの降誕を象徴する東側袖廊(しゅうろう)のファサード(正面)と4本の塔などを完成させた。しかし、ガウディはバルセロナで交通事故により1926年6月7日に没した。工事は一時中断したが、第二次世界大戦後、彼のデザインをもとに工事が続けられ、西側袖廊のキリスト受難を象徴するファサードと塔が現在完成している。

[長谷川堯]

『中山公男・磯崎新他編『ガウディ全作品』全2巻(1979・六耀社)』『中山公男・東野芳明他著『ガウディを〈読む〉』(1984・現代企画室)』『バセコーダ解説、石崎優子・入江正之訳『ガウディの作品』(1985・六耀社)』『入江正之著『アントニオ・ガウディ論』(1997・早稲田大学出版部)』『北川圭子著『ガウディの生涯』(朝日文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ガウディ
(Antoni Gaudí i Cornet アントニ━イ=コルネット) スペインの建築家。カサ‐ミラなどの住宅設計や、サグラダファミリア聖堂の設計などで知られる。(一八五二‐一九二六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ガウディ
Antonio Gaudí y Cornet
1852〜1926
スペインの建築家
現在も建築中の,バルセロナのサグラダ−ファミリア教会が代表作。カタルニア地方出身で,カタルニア解放運動の中心として活躍したが,交通事故で死亡

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガウディ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガウディの関連情報

関連キーワード

ノット(速さの単位)ブンゼンブラウンアルムクビストエッケルトガビンズコンドルシーボルトシュマッケルディッセ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation