@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ガウル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ガウル
Bos gaurus; gaur
偶蹄目ウシ科。体長約 3m,肩高 1.8m以上で,野生のウシの最大種。体色は,が濃褐色または黒色,雌が赤褐色。普通5~6頭で群れをつくって生活する。主食は草類。性質は温和である。インドミャンマーマレー半島に分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ガウル【Gaur】
インド北東部,西ベンガル州カルカッタ北方約310kmにある都市遺跡。13世紀末のデリー・サルタナットのハルジー朝からムガル帝国の16世紀末までベンガル地方の主都として栄え,当時フセイナバードなどとよばれた。歴史は7世紀にマガダ王国からベンガルが独立し,その首都となったときに始まる。8~11世紀のパーラ朝下にも栄え,12世紀末にはセーナ朝の首都となり,ラクシュマナーバティーLakṣmaṇāvatīとよばれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ガウル
がうる
gaur
[学] Bos gaurus

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。別名インドヤギュウ、セラダンseladangとよばれる。インド、ネパール、ミャンマー(ビルマ)からインドシナにかけて分布し、森林のある高地に生息する。野生のウシ科動物のうち最大の種類として知られ、体長3メートル、体高2メートル、尾長85センチメートルで、体重は1000キログラムに達する。体形はウシに似るが、肩から背の中央部まで隆起が発達し、きわめて頑丈なつくりをしている。角(つの)は雌雄ともにあり、上内方に湾曲し、長さ76センチメートルに達する。体色は、雄の成獣では濃褐色あるいは黒色、雌や子は赤褐色で、体毛は短く、成獣の雄ではほとんど裸出する。四肢の先端部分は、いずれも白色である。

 群れをなして生活するが、普通5~6頭、多くても二十数頭の小群である。日中は森の中や茂みで休息し、朝や夕方に行動する。食性は草食で、草を主とするが、タケノコなども好食することが知られている。体が大きいわりにはおとなしく用心深い動物であるが、追い詰められたり傷を負ったりすると、きわめて危険な動物になる。交尾は乾期に行われ、ほぼ9か月の妊娠期間を経て、9~10月に1子を産む。この時期はモンスーンの季節にあたり、新鮮な草が十分にあって幼獣の哺育には適している。鳴き声は家畜のウシに近い。

 近似種として、ミャンマーに分布するガヤルB. frontarisがあるが、学者によっては本種の畜用種とみなしている。

[中川志郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガウル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガウルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation