@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ガス灯【ガスとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ガス灯
ガスとう
gas lamp
都市ガス燃焼による灯火で,石油ランプから電灯への過渡期に用いられた。イギリスの発明家 W.マードックによって実用化され広く使われるようになり (1792) ,日本では明治4 (1871) 年に横浜外人居留地に初めて点灯され,1874年には銀座煉瓦街街路灯がついて人々を驚かせた。ガラス製の球形火屋 (ほや) の中にガスバーナがあり,そこにマントルを取付ける。マントルは木綿で編んだ籠形のものを,硝酸トリウムに少量の硝酸セリウムを混じた溶液に浸したもので,最初の点トリウムセリウムは酸化物となり,火熱により強い光を放つ。現在は注文制によりガス会社で扱っている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ガス‐とう【ガス灯】
ガスを燃やして発する光を利用する明かり。日本では明治5年(1872)横浜で最初に使用。のち、東京で街灯とされ、点灯夫夕方に点灯、朝に消灯した。ガスランプ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ガスとう【ガス灯 gas light】
ガスが燃焼して発する光を利用する灯火。コークス生産の副産物のガスを照明に利用する技術は,18世紀後半ベルギー人J.P.ミンケレルスやフランス人P.ルボンが開発したとするもあるが,イギリスのボルトン=ワット商会の技師であったマードックWilliam Murdock(1754‐1839)によって実用化された。1792年に実験工場をつくった彼は,1802年にアミアン条約締結を祝ってバーミンガムのソーホー工場をガス灯で照明して大評判となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ガス灯
がすとう

ガスの燃焼で発する光を利用する灯火。1798年にイギリス人ウィリアム・マードックによって実用化された。その後1812年にロンドンで、19年にはパリでガス事業が開始され、世界の大都市にガス灯が普及していった。日本では1872年(明治5)にフランス人アンリ・プレグランの設計・監督により、横浜の馬車道本通り―大江橋間で初めて使用され、東京では74年に浜崎町にガス発生所が設けられて京橋―金杉橋間にガス街灯が点火された。夕刻、点灯夫が点火して回り、翌朝また消灯に回った。屋内灯としては、97年ごろから一般家庭の需要も漸増したが、使用者は上流家庭の一部に限られ、それも電灯や石油ランプとの混用であった。この間白熱マントルの使用など光質の改良も行われたが、灯火としては電灯に対抗できず、やがて廃れた。

[山内まみ]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ガス‐とう【ガス灯】
〘名〙 石炭ガス等の燃料用ガスを燃やして点火する灯火。青白い光を放ち、主に明治のころ用いられた。ガスライト。ガス電灯。
※航米日録(1860)四「夜に入り瓦斯燈を点ずれば、忽ち花と成、房中爛々たり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

ガス灯
ガスとう
ガスを導管に通して点火しを照らす装置
日本では,1872年横浜で初めて点灯,'75年東京でも点灯。点火夫が毎夕点火,毎朝消灯した。文明開化の象徴とされ,見物人が多く出た。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガス灯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガス灯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation