@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ガソリン機関【ガソリンきかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ガソリン機関
ガソリンきかん
gasoline engine
ガソリンを燃料とする内燃機関の1形式で火花点火機関の1種である。ガソリン空気との混合気をシリンダ内に吸込み,圧縮し,これに点火プラグ点火して燃焼させ,そのガスの膨張力を回転運動に変える。4サイクル機関,2サイクル機関,ロータリー機関などの種類がある。歴史的には G.ダイムラーが 1883年に表面気化器をもった熱管点火式の立て型機関を製作し,続いて K.ベンツ電気点火法によるガソリン機関を製作したのをはじめとして,その後急速な発達をとげ,現在では広く自動車,小型航空機用として用いられている。燃料消費率が大きく大型機関には不利であるが,小型・軽量・高速化しやすい利点がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ガソリン‐きかん〔‐キクワン〕【ガソリン機関】
ガソリンを燃料とし、空気と混合して点火爆発させ、その圧力ピストンを押し下げ、動力を発生させる内燃機関。自動車・航空機などの動力源に広く使用。ガソリンエンジン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がそりんきかん【ガソリン機関】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ガソリンきかん【ガソリン機関】
ガソリンエンジン

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ガソリン‐きかん ‥キクヮン【ガソリン機関】
〘名〙 ガソリンを燃料とする内燃機関。交通機関などに広く用いられる。ガソリンエンジン。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガソリン機関」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガソリン機関の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation