@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ガダーミスの旧市街【ガダーミスのきゅうしがい】

世界遺産詳解

ガダーミスのきゅうしがい【ガダーミスの旧市街】
1986年に登録されたリビアの世界遺産(文化遺産)で、首都トリポリ南西の、チュニジアやアルジェリアとの国境近くに位置する。先住民のトゥアレグ族が紀元前8世紀頃に築いたオアシス都市で、ローマ帝国の時代から、北部アフリカのトリポリとアフリカ内陸部を結ぶキャラバン(隊商)の中継地として発展した。7世紀以降は「砂漠の真珠」と呼ばれる繁栄を示し、19世紀には、アラブ人の奴隷交易の重要地点でもあった。全長7kmの城壁で囲まれた旧市街には、日干しレンガに石灰を塗った、白い壁のイスラム風の住居が多く残っている。外観は質素な造りだが、家の内部には、アラベスク模様の装飾や伝統工芸が施されている。2階テラスの通路は女性用、階下のアーケード状の通路は男性用と区別されていた。◇英名はOld Town of Ghadamès

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガダーミスの旧市街」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガダーミスの旧市街の関連情報

関連キーワード

ジャーマン今西祐行灰谷健次郎アイゼンマン木村敏桑原史成新藤兼人彗星・小惑星探査機スペースシャトル中川李枝子

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation