@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ガットリング砲【ガットリングほう】

大辞林 第三版

ガットリングほう【ガットリング砲】
多銃身の回転式機関銃。発明者であるアメリカの医師ガットリング(R. J. Gatling1818~1903)の名にちなむ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ガットリング砲
がっとりんぐほう
Gatling gun
アメリカ、シカゴの医師R・J・ガットリング(1818―1903)が1861年に発明した多銃身機関銃がその原型。発射エネルギー利用の従来型に対し、外部動力による銃身の回転で発射速度を高めている。現代では油圧や電気動力を用い、1分間に4000発以上の弾丸を発射できる。アメリカ軍には、バルカン砲づけられた20ミリガットリング砲のほかに、各種の口径砲があり、ロシア、欧州でも同様である。ガットリング砲の特徴は大きな発射速度と広い面での制圧力にある。口径や高初速の弾丸を組み合わせることにより、性能の向上した戦闘機や装甲を強化した戦車に対抗しうるようになった。このほか外部動力を利用した砲にチェーン・ガンがある。[猪口修道]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ガットリング‐ほう ‥ハウ【ガットリング砲】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガットリング砲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガットリング砲の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation