@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ガトリング機関銃【ガトリングきかんじゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ガトリング機関銃
ガトリングきかんじゅう
Gatling gun
1862年頃アメリカ合衆国の発明家リチャード・J.ガトリングが考案した,初期の機関銃である多銃身砲。10本ほど束ねた銃身を手動クランクで回転させ,連続的に銃弾装填連射を行なった。南北戦争後期に北軍が使用。以後 50年にわたって,ほとんどの戦争で使用された。その間に多くの改良が加えられ,手動機関銃の時代に外部動力で 1分間に 3000発連射できた。反動式やガス式機関銃の登場ですたれたが,ガトリング機関銃の原理をもとに開発された機関砲であるバルカン砲は,今日でもジェット戦闘機艦艇に装備されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガトリング機関銃」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガトリング機関銃の関連情報

関連キーワード

サイゴン条約黒住教官板バタビヤ新聞トルストイボロジン明治維新ロペスワーグナーバールセンブッセ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation