@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ガニメデ

デジタル大辞泉

ガニメデ(Ganymede)
木星の第3衛星で、すべての衛星のうち7番目に木星に近い軌道を回る。太陽系最大の衛星。1610年にガリレオ=ガリレイが発見。名の由来ギリシャ神話ガニュメデス表面は黒っぽく見える比較的平滑な地域と、明るく見える断層が多い地域がある。直径は約5300キロ(地球の約0.41倍)。平均表面温度はセ氏マイナス160度。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ガニメデ【Ganymede】
木星の第III衛星。1610年,G.ガリレイによって発見された。光度は4.6等。ギリシア神話の美少年ガニュメデスにちなんで名付けられた。木星中心より107万0500km(木星半径の14.99倍)のところをほぼ円軌道を描いて,7.154553日で公転している。半径は2634km,質量は1.4868×1026g(木星の7.8289×10-5倍)で太陽系最大の衛星であり,半径は水星より大きい。平均密度は1.93g/cm3と求められる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ガニメデ
がにめで
Ganymede

木星の第3衛星。ガリレイが1610年に発見した4個のいわゆるガリレオ衛星の一つである。木星の中心から約107万キロメートルのところを7.1545日で公転している。太陽系最大の衛星であり、直径5280キロメートルで水星よりも大きいが、質量は地球の0.026倍ほどで、水星の半分以下である。表面は厚い氷に覆われていると思われ、ボイジャー探査機の観測でクレーターをはじめいろいろな地形がみいだされた。

[村山定男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ガニメデ
ガニメド」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガニメデ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガニメデの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation