@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ガベス湾【ガベスわん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ガベス湾
ガベスわん
Gulf of Gabès
アラビア語ではハリージカービス,古代のシュルティスミノール。チュニジア東海岸南部の,長さ 100km,幅 100kmの,ほぼ円形に近いで,北東ケルケナ諸島南西ジェルバ島で限られている。湾に面した主要な港は,ほぼ中央部のガベスと北のケルケナ海峡に面したスファクスの2港で,海綿採取とマグロ漁業が盛んである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ガベス湾
がべすわん
Golfe de Gabs
地中海の中央部、チュニジアの東部にある湾。古くはシルティス・ミノルSyrtis Minorとよばれた。湾口の北東部にはケルケナー島、南東部にはジェルバ島が浮かび、湾岸沿いの都市には、北端にスファクス、西端に中世の商港として建設されたガベスがある。海産物としてはマグロと海綿が知られる。[堀 信行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガベス湾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガベス湾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation