@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ガムジグラード-ロムリアーナ、ガレリウスの宮殿【ガムジグラードロムリアーナ、ガレリウスのきゅうでん】

世界遺産詳解

ガムジグラードロムリアーナ、ガレリウスのきゅうでん【ガムジグラード-ロムリアーナ、ガレリウスの宮殿】
2007年に登録された世界遺産(文化遺産)。ガムジグラードは、セルビアのザイェチャール市郊外にある村の名前。この村落の近郊にある古代ローマ時代のロムリアーナ(フェリクス・ロムリアーナ)の遺跡が世界遺産として登録されている。ここはローマ皇帝ガレリウス(250年頃から311年)が死後埋葬された場所である。この遺跡は、かつてローマ属州のダキアの行政府だった城砦で、当時の西門とおよそ6万m2の土地を囲む主要な城壁が残っている。この城壁内部には、バシリカ跡、寺院跡、共同浴場跡、ガレリウス帝によって建てられた床面がモザイク装飾された宮殿の遺跡などがある。また、宮殿跡のそばにあるマグラの丘の上には、ガレリウス帝とその母ロムラの墓と記念碑が残っている。◇英名はGamzigrad-Romuliana, Palace of Galerius

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガムジグラード-ロムリアーナ、ガレリウスの宮殿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガムジグラード-ロムリアーナ、ガレリウスの宮殿の関連情報

関連キーワード

アゼルバイジャン共和国の要覧アラブ首長国連邦の要覧アルジェリアの要覧イタリアの要覧インドの要覧インドネシアの要覧ウガンダの要覧ウクライナの要覧ウルグアイの要覧イエメン共和国の要覧

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation