@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ガリア戦争【ガリアせんそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ガリア戦争
ガリアせんそう
Gallic War
前 58~51年ユリウス・カエサルのもとで行われたローマのガリア征服戦争。きっかけはガリア諸族が内争への介入をカエサルに求めたものといわれている。カエサルは前 58年末にガリア北東部に冬営地を獲得。前 56年までには現在の北フランス,ベルギー地方を平定,大西洋岸にまで達した。以後ガリア全土の治安に努め,作戦上の必要からゲルマニア,ブリタニアにも遠征。前 54年からは反乱がしばしば起り,前 52年ウェルキンゲトリクスの率いた大規模な反乱となる。激しい戦闘が繰返され,一時はカエサルも危機に追込まれたが,アレシアの戦いに勝ってウェルキンゲトリクスを捕え,以後反乱は下火となった。この戦争はガリア全土のローマ領化と平和をもたらし,比較的人員の損失も少く,多くの富を獲得したカエサルの政治力を強大化することとなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がりあせんそう【ガリア戦争】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ガリア戦争」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガリア戦争の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation