@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ガリア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ガリア
Gallia
ローマ人がガリア人と呼んだ部族 (ケルト人) が居住した地域の総称。ガリア・キサルピナ (キテリオル) とガリア・トランサルピナ (ウルテリオル) に2分される。前者はアルプス山脈以南,アペニン山脈ルビコン川以北の北イタリアで,前3世紀ローマの支配下に入り,前1世紀にはイタリアの概念のなかに入った。ラテン人が植民してローマ化が進み,共和政末期にはローマ軍の主力を輩出,ユリウス・カエサルオクタウィアヌス (アウグスツス) の勢力基盤となった。後者はアルプス以北の地中海,ピレネー,大西洋,ラインに囲まれる広大な地域。前7世紀マッシリア (現マルセイユ) にギリシア植民市 (アポイキア ) ができ,以後奥地に通商が行われ,ヘレニズム文化が伝わった。ローマは前2世紀に進出,まずナルボ (現南フランス) を属州とし,次第に開拓,属州化を進めた。特に前1世紀カエサルのガリア戦争でローマ領は拡大。帝政期に入り,行政区分が確定し,元老院管轄領のナルボネンシスと皇帝直轄領 (→ガリア・コマタ ) のアキタニア,ルグドゥネンシス,ベルギカの4地域となった。南部はローマ化が進んだが,北中部は在来の文化要素が強く残った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ガリア(〈ラテン〉Gallia)
古代ヨーロッパ西部のケルト人が住んでいた地方をさすローマ時代の呼称。現在のフランス・ベルギー全土とオランダ・ドイツ・スイス・イタリアの一部にわたる。カエサルに征服されローマ領となる。ゴール

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ガリア【Gallia】
古代ローマ人が〈ガリGalliの居住地〉に与えた名称で,ガリとは,ギリシア人がケルタイと呼んだケルト人のことである。フランス語,英語ではゴールGaule,Gaul。地理的にはライン川,アルプス,地中海,ピレネー山脈,大西洋に囲まれた地域。新石器時代(前3000‐前1800年ころ)の住民はリグリア人系およびイベリア人系で,各地に巨石遺構を残した。ドナウ方面から到来したケルト人は前9世紀ころからガリア全土に広がり,前5世紀には最盛期に達して,優れた金工技術と独特の装飾様式をもつラ・テーヌ文化を残した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ガリア
がりあ
Gallia

地理的には、古代ローマ人がガリア人Galliとよんでいた人々(ケルト人)の住んでいた地域一般をさす。とくに、カエサル以降、ライン川、大西洋、ピレネー山脈、地中海、アルプスに囲まれた地方、ローマの古い属州ガリア・トランサルピナGallia Transalpina(アルプスのかなたのガリア)をさし、現在のフランス、ベルギー、オランダ、スイスにあたる。なお、ポー川以北の北イタリアも、ガリア・キサルピナGallia Cisalpina(アルプスのこちらのガリア)として、これに含めて考えることができる。

 最古の住民は、南部はリグリア人、イベロ人、その他の地方はケルト人であり、ケルト文化は紀元前900年から前500年にかけて深く浸透していく。なおケルト人は北イタリアにも侵入し、ポー川流域に居を占めた(ガリア・キサルピナ)。また前600年ごろマッサリア(マルセイユ)へフォカイア人が進出したのちはギリシア文化も広まり、さらに南ガリアはローマとの商取引も盛んとなり、ローマ文化の影響を受け、前125~前116年には属州ガリア・ナルボネンシスGallia Narbonensis(ガリア・トランサルピナ)が設けられ、ドミティア街道や、前118年には市民植民市ナルボ(ナルボンヌ)がつくられた。なお前2世紀末のゲルマン系のキンブリ・テウトニ人の侵入は、ローマの将軍マリウスによって撃退された。一方、北ガリアは、前58~前51年のガリア戦争によって、ガリアの地方長官カエサルに占領された。

 ローマ帝政期には、まずアウグストゥスがガリアをナルボネンシス(元老院属州)のほかに三つの元首属州(ルグドネンシス、ベルギカ、アクィタニア)に分け、ルグドゥヌム(リヨン)を統治およびアウグストゥス礼拝の中心地としたうえ、全ガリアの属州会議の開催地とした。ローマ化に対してティベリウス帝以降たびたびの蜂起(ほうき)がみられたが、植民市の設置、道路網の整備などローマ化が進められ、優れた詩人、文学者を輩出する一方、ルグドゥヌム、アレラテ(アルル)、トロサ(トゥールーズ)、ブルディガラ(ボルドー)、ケナブム(オルレアン)、ルテティア(パリ)などの町が栄え、ぶどう酒、穀物、食料品、織物、陶器、金属、ガラス器具の生産など経済発展も目覚ましかった。しかし、マルクス・アウレリウス帝のとき、ゲルマン人の侵入を被り、混乱、衰退が始まる。193年には一時ルグドゥヌムが落ち、その後もゲルマン人の侵入が続き、258年(259、260年説もある)~273年には、ライン川国境防衛のため「ガリア人の帝国」が設けられた。ついでディオクレティアヌスの帝国再建築のもと、ガリア管区(トリエル)とウィエンナ管区(ウィーン)が設置され、それぞれ8個と5個の属州に分かれた。

 2世紀以降キリスト教が普及したが、177年には大迫害がウィエンナとルグドゥヌムで起こり、その後も各地でキリスト教徒の迫害がみられた。また283年以降は、バガウダエとよばれる農民一揆(いっき)も起こり、5世紀前半には各地に広まり、一揆は世紀なかばまで続いた。4世紀にアラマン人、フランク人、ザクセン人が侵入し、多くの都市が破壊された。406年にはアラン人、バンダル人、スエビ人、ついでブルグント人、ゴート人、フン人が侵入し、418年には南ガリアに西ゴート王国が、443年にはローヌ川流域にブルグント王国が成立し、5世紀末にはガリアは完全にゲルマン人の支配下に入った。

[長谷川博隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ガリア
(Gallia) 古代ヨーロッパの、ケルト人(ガリア人)居住地域の呼称。現在のフランス、ベルギーの全域から、オランダ南部、ドイツのライン川左岸、スイスの大部分、イタリア北部を含む。紀元前一世紀、カエサルに征服され、ローマ領となった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ガリア
Gallia
フランス・ベルギーと,オランダ・ドイツの一部分,スイスの大部分および北イタリアを含む地域の古代ローマ時代の呼称
原住民はケルト人。早くローマに征服された北イタリアと,カエサルの遠征でローマ領になったアルプス以北とに分かれる。ローマ帝国の統治下でローマ化が進むが,5世紀以降ゲルマン人の侵入をうけ,西ゴートブルグント,フランクの3王国が成立するに至った。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガリア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガリアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation