@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ガリバルディ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ガリバルディ
Garibaldi, Giuseppe
[生]1807.7.4. ニース
[没]1882.6.2. カプレラ島
イタリアの愛国者,ゲリラ戦指導者。青年時代に G.マッツィーニの指導する青年イタリアに加盟して,国家統一運動を推進。 1834年ジェノバ港で民衆革命を起そうとしたが,発覚したため亡命し,欠席裁判で死刑の宣告を受けた。 36~48年南アメリカで亡命生活をおくり,そこでゲリラ戦を身につけた。 48年革命の際イタリアに戻り,49年のローマ共和国防衛戦を指揮して名をあげ,ローマ陥落後は,イタリア各地を転戦し,再びアメリカ合衆国に亡命した。 54年帰国を許され,60年 C.カブールの政策に反対して義勇軍 (赤シャツ千人隊) を組織し,シチリアと南イタリアに渡り,独裁政権を樹立。しかしサルジニア王国軍が進攻してきたため,シチリアと南イタリアをビットリオ・エマヌエレ2世に献上して,みずからはカプレラ島に隠遁。その後,62,67年と数度にわたって兵を起し,ベネチアとローマの奪回を試み,また 70年の普仏戦争に際しても,義勇軍を率いてフランス軍に参加,その名をあげ,フランス国民議会の一員に選出された。 74年イタリア議会議員となり,その2年後公職生活から引退した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ガリバルディ(Giuseppe Garibaldi)
[1807~1882]イタリア統一運動指導者青年イタリア党に入り、南米ブラジルの独立運動などに参加。1860年、赤シャツ隊を率いて全シチリアを解放した。国民的英雄としてたたえられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ガリバルディ【Giuseppe Garibaldi】
1807‐82
イタリアのリソルジメントの英雄。ニースに生まれ,商船船員となる。1833年マッツィーニの〈青年イタリア〉に加盟,34年2月ジェノバ蜂起を計画するが失敗,欠席裁判で死刑判決をうけてブラジルに亡命。折から独立を宣言したリオ・グランデ・ド・スル共和国を支持して,ブラジルとの海戦に活躍,41年モンテビデオに移り,今度はウルグアイ共和国を助けてアルゼンチンと戦う。13年間の南米体験は,解放運動とゲリラ戦法,赤シャツの愛用やフリーメーソンへの加盟など,のちのガリバルディの活動にとって貴重な出発点となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ガリバルディ
がりばるでぃ
Giuseppe Garibaldi
(1807―1882)

近代イタリアの愛国者、軍人。ニースの船員の子として生まれ、15歳ごろから地中海や黒海を航海する。1833年中葉に、マッツィーニの結成した「青年イタリア」党の存在を知り、34年2月にはマッツィーニの企てたサボイア遠征に呼応するジェノバ蜂起(ほうき)に加わった。その失敗後、欠席裁判で死刑判決を受けて南米に亡命。そこで、ウルグアイの独立運動のために、イタリア軍団を率いてブラジルと戦った。48年の第一次イタリア独立戦争に際して帰国し、義勇軍を率いてオーストリア軍と戦い、翌年ローマ共和国の防衛で国民的な英雄となる。ローマ共和国崩壊後、アメリカに亡命し、商業などを営み、54年イタリアに戻り、カプレラ島に居を構えた。この時期に、状況判断を欠く蜂起活動を繰り返すマッツィーニと決別し、ビットリオ・エマヌエレ2世のサルデーニャ王国に接近し、ラ・ファリーナGiuseppe La Farina(1815―63)が結成した穏和な統一運動を志向する「国民協会」の名誉副会長となった。

 1859年の第二次独立戦争では、サルデーニャ王国軍の将軍に任命され、義勇軍「アルプス狙撃(そげき)隊」を率いてオーストリア軍と戦い、勝利を収めた。ビラフランカの講和後、サルデーニャ王国に不満を表明して将軍を辞し、カブールによる、生まれ故郷ニースのフランスへの割譲に激しく抗議した。60年4月、シチリア島のパレルモを中心に起こった反ブルボン家の民衆蜂起を支援する遠征隊「千人隊」(別名「赤シャツ隊」)を、クリスピなどとともにジェノバで組織した。同年5月6日、ジェノバのクワルトを出発した千人隊は、同11日にシチリア島西部のマルサラに上陸し、15日にはシチリア農民の参加を得て、圧倒的に優勢なブルボン軍に勝ち、27日にはパレルモを解放した。その後、大陸部に渡り南部イタリアを解放し、10月26日、カブールの派遣したビットリオ・エマヌエレ2世にその解放地を献上して、カプレラ島に引退した。61年にイタリア王国が成立したが、彼はローマとベネチアを欠く統一に満足せず、翌年に南イタリアのアスプロモンテで、さらに67年にローマ近郊のメンターナで武力行動に出たが、いずれも失敗に終わった。71年、フランス第三共和国をプロイセン軍の攻撃から守るために、義勇軍を率いてディジョンで戦った。これが彼の最後の戦闘であった。その後、イタリア王国議会の下院議員に選出され、民主勢力の組織化などに従事した。82年6月2日没。

 リソルジメント(イタリア統一運動)において彼の果たした役割はとりわけ軍事的なものである。しかし、名誉や地位を求めないその庶民的な個性は、イタリア国民を魅了し、いまなお国民的英雄として語り継がれている。また、彼は単にイタリアの英雄であるばかりでなく、ロシアに対するポーランドの戦い、ドイツに対するデンマークの戦いなどを支持したことから、国際的な名声を得るに至った。

[藤澤房俊]

『森田鉄郎著『イタリア民族革命――リソルジメントの世紀』(1976・近藤出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ガリバルディ
⸨ガリバルジー⸩(Giuseppe Garibaldi ジュゼッペ━) イタリアの愛国者。イタリア統一戦争に活躍。千人隊(赤シャツ隊)を組織して、全シチリア島を解放し、普仏戦争ではフランスを援護した。(一八〇七‐八二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ガリバルディ
Giuseppe Garibaldi
1807〜82
イタリア統一運動の英雄
軍人出身。青年イタリアの蜂起に加わったが,敗れて南アメリカに亡命し,独立運動に参加。1849年マッツィーニのローマ共和国革命に加わって再び亡命し,54年帰国。1860年千人隊(赤シャツ隊)を組織し,サルデーニャ王国の援助を得てシチリアおよびナポリを解放,南下したヴィットーリオ=エマヌエーレ2世と会見,王に解放地域を献上して引退した。1867年ローマ占領を企てたが,フランスに敗れた。カヴール・マッツィーニとともに「イタリア統一の三傑」と称される。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガリバルディ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガリバルディの関連情報

関連キーワード

単元株制度グリム(兄弟)恵帝[前漢]岡山天体物理観測所民事再生法フッ素(データノート)ストロムロ山天文台ムリコール酸レザノフシュタイン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation