@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ガリレイ式望遠鏡【ガリレイしきぼうえんきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ガリレイ式望遠鏡
ガリレイしきぼうえんきょう
Galilean telescope
対物レンズに凸レンズを,接眼レンズ凹レンズを使って,拡大正立虚像を得るようにしたもの。簡単に正立像を見ることのできる望遠鏡として有意義である。小型の双眼鏡オペラグラスとして使用される。 1609年ガリレイオランダでこの望遠鏡が発明されたことを知って,すぐその改良型を作り,それを使って木星衛星土星などを初めて発見し,また銀河が多くの星の群れからなっていることを知り,地動説立場をとるなど,天文学上大きな貢献をしたのでこの名前がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ガリレイしき‐ぼうえんきょう〔‐バウヱンキヤウ〕【ガリレイ式望遠鏡】
凸レンズ対物レンズに、凹レンズ接眼レンズに用いて正立像を得る望遠鏡。1609年ガリレイが発明。小形の双眼鏡光学系として用いられることが多い。ガリレオ式望遠鏡オランダ式望遠鏡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガリレイ式望遠鏡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガリレイ式望遠鏡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation