@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ガルバーニ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ガルバーニ
Galvani, Luigi
[生]1737.9.9. ボローニャ
[没]1798.12.4. ボローニャ
イタリアの解剖学者,生理学者。ボローニャ大学で医学を学び (1759) ,同大学講師 (62) ,同教授 (75) 。ボローニャ科学アカデミー総裁 (72) 。晩年はチザルピーナ共和国の統領となったナポレオンへの忠誠を誓わなかったためにすべての職を追われ,失意と貧困のなかで死んだ。初めは解剖学に没頭し,骨格の構造,機能,病理の研究 (62) ,鳥類の尿管壁の蠕動・逆蠕動の研究 (67) ,同じく数種の鳥類の聴覚器官の比較解剖学的研究を行なった。その後次第に生理学に関心を移し,特に動物電気の研究に取組んだ。 1786年のある日,解剖していたカエルの脚に起電機からの電気を通すとけいれんが起きることを発見。続いて 91年頃,鉄格子にひっかけた真鍮の鉤にカエルをつるし,大気中の電気とけいれんの関係を調べようとした。その結果,雷の発生しないような晴れた日でも電気が起ること,鉤と格子を強く押しつければそれだけけいれんが強くなることを発見した。このためガルバーニは動物電気の存在を主張。この現象はのちに A.ボルタによって2種類の金属を接触させると起る電気 (ガルバーニ電気) によることが実証され,電池の発見となるなど,電気生理学,電磁気学の発展に大きな刺激となった。著書に『筋肉運動に対する電気の効果についての論考』 De Viribus Electricitatis in Motu Musculari Commentarius (91) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ガルバーニ(Luigi Galvani)
[1737~1798]イタリアの解剖・生理学者。カエルの足が金属と接触すると痙攣(けいれん)が生じることを発見し、生物電気の研究や電気学に道を開いた。また、これは2種の金属による電気の発生であると批判するボルタが電池を発明する端緒となった。ガルバニ。→ガルバーニ電池ボルタ電池

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ガルバーニ【Luigi (Aloisio) Galvani】
1737‐98
イタリアの解剖学・生理学者。ボローニャ大学の解剖学教授。初期には腎臓や耳の解剖学的研究があるが,一般的には電気生理学の創始者として知られている。動物電気の存在は発電魚等を通じて古代より知られていたし,すでにフランスの物理学者ノレJean Antoine Nollet(1700‐70)らによって実験的に確証されてもいた。彼の研究の端緒となったのはカエルの神経‐筋標本が火花放電によって痙攣(けいれん)したという発見である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ガルバーニ【Luigi Galvani】
1737~1798 イタリアの解剖学者・生理学者。解剖された蛙の脚が金属片の接触によって痙攣けいれんする現象を観察、これを筋肉中の生物電気によるものとする考えを示し、生体の電気現象の研究に道を開いた。一方、この現象の解釈をめぐる論争が、ボルタの電池発明にきっかけを与えた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ガルバーニ
がるばーに
Luigi Galvani
(1737―1798)
イタリアの解剖学者、生理学者。動物電気の発見で知られる。1759年、ボローニャ大学で哲学、医学の学位を得て医者となる。1766年に解剖学博物館の管理者に任命され、1768年ボローニャ大学の講師、1775年解剖学助教授となり、1782年には科学研究所の産科学教授。1762年の骨の発達についての論文や1775年の鳥の耳の構造についての論文など解剖学において業績をあげたが、その後は生理学、とくに神経と筋肉の研究を行い、1780年代後半には、カエルの足を用いた電気刺激の研究へと進んだ。そのおり、起電機、ライデン瓶から直接に放電を受けないのに、カエルの足にけいれんが生じることを発見した。また(大気中の放電)のときにも生じることを実験で確かめた。しかも、鉄の格子に真鍮(しんちゅう)の鉤(かぎ)でカエルの足をつるしておくと、晴れた日でもけいれんが生じることに気づいた。これを研究し、神経や筋肉中に動物特有の電気が存すると解し、ライデン瓶のように筋肉中にたまった電気が金属で回路がつくられたとき放電したと説明する。1791年に『筋肉運動における電気の作用に関する覚書』として出版した。この解釈については、ボルタが2種の金属の接触による電流の発生であると批判し、1790年代に論争が行われたが、1800年にボルタが電池を発明して決着をつけた。動物電気の考えは1840年代にデュ・ボア・レイモンによって発展させられた。[高田紀代志]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ガルバーニ
(Luigi Galvani ルイジ━) イタリアの解剖学者、生理学者。動物電気を発見し、電磁気学展開の端緒を開く。また、ボルタに電池を発明するヒントをあたえた。(一七三七‐九八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ガルバーニ
ガルバーニ
Galvani, Luigi

イタリアの解剖学者,生理学者.ボローニャ大学を卒業後,1759年薬学と哲学の学位を取得し,ボローニャ大学解剖学講師となる.産科学でも業績を残した.1770年ころからカエルの脚を利用した電気作用実験を行い,galvanism(ガルバニズム)あるいはガルバーニ電気の発見者として知られることになる.当初は,摩擦起電機や雷による空中電気と名づけた静電気作用が,カエルの筋肉運動に及ぼす作用に注目したが,やがて外部からの電気作用がなくても筋肉運動が引き起こされる現象を発見し,動物電気という概念をつくりあげた.かれの妻Luciaも研究に協力したという.かれは“ボローニャ科学アカデミー論集”に“筋肉運動に対する電気の作用についての論文”(全4章)と題して20年間の成果を発表した(1791年).電気発生の原因を動物電気に求めるかれの考えは,直後にA.G.A.A. Volta(ボルタ)によって批判された.1797年ボローニャを支配した親Napoléon政権に,忠誠宣言を行わなかったために失職翌年死去した.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガルバーニ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガルバーニの関連情報

関連キーワード

ダルジャンスジャン・ガストネゲッティンゲン小金井桜地方創生有賀長伯関羽ギボンクセルクセス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation