@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ガレノス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ガレノス
Galēnos; Galenus
[生]129. ミュシアペルガモン
[没]199頃.ローマ?
古代における最もすぐれた医学者,哲学者の一人。ギリシア人。小アジアのペルガモンの富裕な建築家で数学者の家に生れ,ペルガモン,スミルナ,アレクサンドリアなどで医学を修めたのち,数年間生地で剣闘士道場の外科医となり,161年,ローマに行って医師としての名声を博し,皇帝マルクスアウレリウスに迎えられた。ヒポクラテスの「体液病理説」を宗とし,ギリシア医学の理論を体系化した。特に生理学の分野では実験生理学を発展させ,7種の脳神経を区別した。また,動脈系と静脈系をまったく独立したものと考え,17世紀に血液循環が発見されるまで,この考え方がヨーロッパ,アラビアに受入れられていた。治療学においてもすぐれた医学者であり,炎症に発赤,灼熱腫脹,疼痛の4つの徴候をあげるなど,鋭い観察眼をもっていた。「医師は自然の召使である」といった彼の箴言に,実証家としての面目が残っている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ガレノス(Klaudios Galēnos)
[129ころ~199ころ]ギリシャの医学者。ペルガモン生まれ。動物の生体解剖によって実験生理学の端緒をなした。多くの医学書を著し、近世初期まで医学の権威とされた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ガレノス【Galēnos】
129‐199/216?
古代においてヒッポクラテスに次ぐ最も著名な医学者。古代の医学を集大成し,以後17世紀に至るまで西欧における医学の権威として崇められ,アラビア医学にも絶大な影響を与えた。小アジアの文化都市ペルガモンに生まれ,幼少から十分な教育を受け,ことにさまざまな学派の哲学を熱心に学んだ。16歳より医学を学びはじめ,20歳より各地を旅し,アレクサンドリアでの5年間の研究を経て医学の修業を完成した。故郷に戻り剣闘士(グラディアトル)の医師を務めた(157‐161)後,ローマへと赴き,皇帝マルクス・アウレリウス信任をも得て,医師として目覚ましい活躍を遂げた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ガレノス
がれのす
Claudius Galēnos
(129ころ―199ころ)

ギリシアの医学者。小アジアのペルガモンの生まれ。父ニコンAelius Niconは建築家で、数学、自然科学、哲学の素養があり、ガレノスの教育にあたった。17歳のころから医学の勉強を始め、スミルナ、コリント、アレクサンドリアなどの各地に遊学して医学に関する見聞を広めた。28歳で故郷に帰り、診療の実際に従った。6年後ローマに出て、短期間のうちに名医の評判をあげ、ローマの学者、高官たちと親交を結んだが、反面、反感を買ったこともあって、166年ローマを退去してペルガモンに帰った。のち、ローマ皇帝マルクス・アウレリウス(在位161~180)の遠征軍に参加、ローマに帰還してからは王子コンモドゥスの侍医となり、主として著述に努めた。その著作は医学に関するもののほかに、哲学、文法、数学にまでわたるが、なかでも解剖学、生理学に関しては卓見が多い。

 生理学上の実験を数多く行い、動物解剖を頻繁に行って、人体の働きや構造について優れた考えを示した。それは医学に一定の科学的基礎を与え、以来、中世を経て近世初期に至るまでの約14世紀に及ぶ長期間、ヨーロッパの医学に覇を唱えた。しかしこれは時代的背景によることも大きく、ガレノスの所説がすべて正しかったからではない。たとえば、ガレノスは人体解剖を試みたことはなく、したがって、それに基づく生理学説、なかでも血液の生成・流れと精気pneumaの問題に関する誤った学説は一般に信じ込まれていたが、17世紀にハーベーの血液循環説によって打倒されたごときである。

[大鳥蘭三郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ガレノス
(Galēnos) 古代ギリシア末期の医学者。小アジアのペルガモン生まれ。ローマで、マルクス=アウレリウス帝の侍医となる。解剖学、生理学を発展させ、ギリシア医学を組織化、体系化した。(一三〇頃‐二〇一頃

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ガレノス
Claudius Galēnos
131〜201
ペルガモン出身の古代ローマ最大の医学者
アレクサンドリアで学問を修め,マルクス=アウレリウス=アントニヌスの侍医もつとめた。動物解剖の結果をふまえて血液循環説を唱え,中世ヨーロッパのみならずアラビア文化圏にまで影響を与えた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガレノス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガレノスの関連情報

関連キーワード

消滅核種アンティオコス[7世]ゼノロジーALPSヒミコドラえもん厚木市アッタロス朝アンチオコス7世スキピオ・アエミリアヌス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation