@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ガンコウラン

世界大百科事典 第2版

ガンコウラン【Empetrum nigrum L.var.japonicum K.Koch】
高山のハイマツの下などにマット状に匍匐(ほふく)するガンコウラン科の小低木(イラスト)。和名岩高蘭であるが,その意味は不明。茎は細長く,多くの枝に分かれて地をはう。葉は線形で小さく,長さ4~7mm,幅0.7~1mm。初夏,先端近くの葉のわきに1個の花をつける。雌雄異株。花は3枚の萼片と3枚の離生する花弁からなり,黒紫色。雄花は3本のおしべのみ,雌花は1個のめしべのみからなる。果実は球形,液質で径6~10mm,黒熟する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ガンコウラン
がんこうらん / 岩高蘭
[学]Empetrum nigrum L. var. japonicum K. Koch
ガンコウラン科の常緑小低木。ガンコウラン属には6種あり、北半球の高山や寒帯および南アメリカのアンデス山脈に分布する。茎は長く地をはい、よく分枝し、枝は立って高さ10~20センチメートルになり、大きな群落をつくる。葉は革質、多数で互生し、線形、長さ4~6ミリメートルと小さく、縁(へり)が反り返る。雌雄異株。6月に紫黒色の小さい花が葉腋(ようえき)に開き、花弁と萼片(がくへん)は3枚ずつある。雄花には雄しべが3本、雌花には雌しべが1本。果実は球形、径6~10ミリメートルの核果で、9月ごろ紫黒色に熟し、甘酸っぱい味で食べられ、ジャムや果実酒をつくる。中部地方以北の本州、北海道の高山帯に普通に生え、千島からカムチャツカ、朝鮮半島、中国東北部、東シベリアにも分布する。[小林義雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガンコウラン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガンコウランの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation