@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ガンダーラ仏【ガンダーラぶつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ガンダーラ仏
ガンダーラぶつ
Gandhāra
ガンダーラ地方で1~7世紀頃制作された仏像。仏像は1世紀末頃ガンダーラ地方で初めて造られたという説が有力であるが,マトゥラ地方 (→マトゥラ仏 ) が仏像成立の最初だとする説もある。特徴はギリシア・ローマ的な表現によって仏像を造っている点で,一般に波状の頭髪を束ねて髪を結い,風貌も鼻筋が通って眼窩のくぼんだヨーロッパ的顔立ちを示す。体躯は量塊感に富むが,しばしば厚く重苦しい僧衣におおわれ,インド彫刻のような官能性はみられない。仏像彫刻は後期 (4~7世紀) になると,スタッコ造のものが多くなり,石彫作風を脱却した独特の美しさをもつ。釈迦仏が多いが過去仏もあり,菩薩像としては悉達多菩薩,弥勒菩薩のほか観音菩薩もある。その他,訶利帝,半支迦などがみられる。ガンダーラ仏の形式は西域を経て東方へも伝えられ,中国の仏像にもその影響を残している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がんだーらぶつ【ガンダーラ仏】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ガンダーラ仏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ガンダーラ仏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation