@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キエフ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キエフ
Kiev
ウクライナ首都キエフ州の州都。デスナ川合流点のやや下流のドネプル川に臨む。市街は右岸の標高約 90mの丘陵を中心に発展し,近年その対岸の低地にも住宅地が広がる。気候条件(平均気温 1月-6.1℃,7月 20.4℃)や生活条件に恵まれた緑の多い美しい都市。市は「ロシアの都市の母」といわれる古都で,9世紀には年代記にも登場している。9世紀末にキエフ公国が成立し,その首都となった。12世紀初めまで東ヨーロッパの商業,手工業,文化の中心地として栄えたが,その後封建諸公国に分裂し,1240年のバトゥ(抜都)率いるモンゴル軍の進攻,破壊もあって衰えた。1654年ドネプル川左岸がロシア領になって以後,国境の要地として再び栄え始め,1793年右岸もロシア領に入るとキエフは南ロシアの商業,文化の中心としての役割が大きくなり,1861年の農奴解放令発令後は工業も発展し始めた。ロシア革命後の 1934年ウクライナ共和国の首都となり,人口が増加した。第2次世界大戦の防衛戦とその後の長期のドイツ占領により荒廃したが,大戦後の復興はめざましく,市域,人口とも大幅に増加した。ソビエト連邦ではモスクワレニングラードサンクトペテルブルグ)に次ぐ大都市であった。1991年ウクライナ独立とともに首都となる。市の主要工業は機械(精密機械,造船,航空機,オートバイ,電機),繊維,縫製,皮革,食品,化学(医薬品,化繊),印刷などである。教育,文化の中心地として,キエフ大学(1834)をはじめとする多数の大学,研究所,博物館,劇場などの施設がある。また 1990年に世界遺産の文化遺産に登録された聖ソフィア大聖堂(1037),キエボ・ペチェルスカヤ修道院(11~18世紀)など多くの保存建築物があり,内外の観光客の訪れる都市となっている。古来より交通の要地であり,近年も鉄道の分岐点で,国際空港もある。人口 279万9199(2011)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

キエフ(Kyiv/Київ/〈英〉Kiev)
ウクライナの首都。同国中北部、ドニエプル川中流に沿う工業都市。精密機械工業発達。9~13世紀にキエフ公国の首都として繁栄。ギリシャ正教寺院などの名所旧跡が多い。人口、行政区270万(2008)。キーウ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

キエフ
《Kiev》旧ソ連(ロシア)海軍巡洋艦。キエフ級航空巡洋艦。1975年就役。1993年退役。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

キエフ【Kiev】
ウクライナの首都。人口263万(1996)。旧ソ連ではモスクワ,レニングラードに次ぐ第3の都市であった。面積は780km2で,市内は12の地区に分かれている。ドニエプル川中流の両岸にまたがり,右岸の丘陵と河岸段丘の部分が古くからの町であり,左岸の低地は比較的新しく発展した部分で面積も小さい。北緯50゜,森林帯南端にあり,キエフの南100kmからステップ地帯が始まる。気候は穏やかな大陸性で,1月の平均気温は-5.8℃,7月は19.5℃。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

キエフ
きえふ
Киев/Kiev

ウクライナの首都。ウクライナ語ではКиïвと綴(つづ)る。人口261万1000(2001)。面積777平方キロメートルの大都市圏を形成し、その63%が緑地で、郊外にボリスポリ、ボヤルカ、ワシリコフをはじめ、キエフ貯水池のダムがあるビシゴロドなど、新居住区となっている小都市を擁する。中心市街はドニエプル川中流部の両岸に位置し、国際空港、河港があり、モスクワ、ハリコフ、国外のワルシャワ、プラハなどへ鉄道が通じる。市内にはバス、トロリーバスのほかに地下鉄、ケーブルカー、渡し船などの公共交通機関がある。地形は、ドニエプル川の広い沖積地が左岸(東)にあるのに対して、「ウラジーミルの丘」と通称される比高約100メートルの丘陵や、緩い起伏の波状丘陵が右岸に高まり、対照的である。史跡に富んだ旧市街は右岸にあるが、松林地帯の左岸沖積地も多くが都市化されつつあり、住宅地区、空港などが設けられた。気候は穏やかな大陸性でやや乾燥し、植生は落葉広葉樹林で一部にステップ(短草草原)が混じる。月平均気温は1月零下5.8℃、7月19.5℃。

 ウクライナ屈指の工業都市で、とくに精密機械や複雑な工程を要する機械工業に特色がある。ゴーリキー記念オートメーション工作機工場をはじめ、小型カメラ、映写機、ラジオ、テレビセット、理化学・医学機器、測定器、自動二輪車、航空機、造船、鉄道車両修理、道路建設用土木機械、食品工業用設備製造、ガラス工芸、陶磁器、絹織物、食品、たばこなどの工場がある。印刷、出版活動もきわめて盛んである。市の工業を支えるエネルギーは、ハリコフ地方やプリカルパティアの天然ガス、ドニエプル川の水力電気をはじめ、ヨーロッパ部の電力網に負っている。市の北方約20キロメートルには、ベラルーシ(白ロシア)共和国にまたがって、ドニエプル川をせき止めてつくられたキエフ貯水池がある。湖は長さ110キロメートル、最大幅12キロメートル、面積925平方キロメートル、貯水量3.7立方キロメートル、平均水深約4メートルで、1966年に完成した。発電能力55万1000キロワット。沿岸には保養地、レクリエーション基地が新設された。

 市内には教育・文化施設も多く、国立総合大学、科学アカデミーなどのほか、タラス・シェフチェンコ記念館、歴史博物館、映画撮影所、プラネタリウムがある。ドニエプル川にあるトルハノフ島のスポーツセンター、子供たちだけで管理運行する小型鉄道(3キロメートル)、民家建築園、ウラジーミルの丘、その南に続く第二次世界大戦記念碑公園、トチとナナカマドの並木が美しい都心のクレシチャーチク大通りなどが市民の散策場である。また、多くの史跡に富む古都で、聖ソフィア寺院(現在、建築博物館)、かつての城門「金の門」などが残る。ペチェルスカヤ大修道院には参詣(さんけい)人が多く、カタコンベ(地下墓所)も保存されている。

[渡辺一夫]

歴史

ロシアの『原初年代記』によると、キー、シチェク、ホリフの3兄弟によってこの町ができたとあるが、本格的な町の形成は6~7世紀のころとみられる。8世紀ごろにはビザンティン帝国など東方諸国との通商により発展し、9世紀末にキエフ大公国の成立に伴い、その首都となった。10世紀末にキエフ大公国のギリシア正教受容により、11世紀には府主教座が置かれ、聖ソフィア寺院、ペチェルスカヤ大修道院などロシア最古の宗教的建造物がつくられた。12世紀まで、ノルマンよりギリシアに至るドニエプル通商路の中心として繁栄した。12世紀ごろに国内の政治的紛争、ポーロベツ人の侵攻、ドニエプル水路の役割の低下に伴って、政治・経済上の意義を喪失し、1240年のモンゴル軍による破壊を被って凋落(ちょうらく)した。14世紀にはリトアニア大公国に併合されて、しだいに繁栄を回復した。その後、リトアニア大公国とポーランドが連合王国を結成した(リュブリン連合、1569)結果、キエフはポーランド領となったが、ウクライナ人の反ポーランド運動の高揚に伴って、モスクワ大公の主権を認め、1686年にモスクワ国家への帰属が最終的に決定した。キエフ県の県庁所在地となり、19世紀には大学が設立され、金属、たばこ、醸造などの工業が発展した。

 ロシア革命(1917)が起こると、1918年ウクライナ・ソビエト政府が置かれ、1934年にはウクライナ共和国の首都となった。第二次世界大戦中の1941年9月、ドイツ軍に占領されたが、20万の市民の犠牲を払って1943年11月に奪回された。

[伊藤幸男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

キエフ
(Kijev) ウクライナの首都。ドニエプル川中流域の都市。八世紀ころからビザンチンとの貿易で栄え、九世紀末、キエフ公国の首都となる。一二四〇年モンゴルに侵入され、のちポーランドの領有を経て、一六八六年ロシア帝国に併合。一九世紀末にはロシア革命運動の一中心となった。現在はウクライナの機械工業および交通の中心地。「ロシアの都市の母」と呼ばれる古都で、聖ソフィア寺院、キエフ大学などがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キエフ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キエフの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation