@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キサントフィル

デジタル大辞泉

キサントフィル(xanthophyll)
カロテノイドのうち、水酸基などの形で酸素を含む一群色素動植物に広く分布卵黄に含まれるルテインなど。葉緑体に含まれるものは光合成の補色色素として働く。葉黄素

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

キサントフィル
 (1) カロテノールともいう.ヒドロキシル基をもつ,カロテノイドの総称.(2) C40H56O2 (mw568.89).

 ルテインともいう.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

キサントフィル【xanthophyll】
カロチノイドのうち水酸基,カルボニル基またはエポキシドなどの形で酸素を含むものを総称する。生物界に広く見いだされ,カロチン類の酸素化によって生成されると考えられる。ホオズキ,トウガラシの実の色,卵黄,魚卵,哺乳類の卵巣の黄体などの色はこの色素による。狭義にはルテインluteinで分子式はC40H56O2であり,水酸基をもつゼアキサンチンzeaxanthin,クリプトキサンチンcryptoxanthin,ケト基を有するロドキサンチンrhodoxanthinなどが知られている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

キサントフィル【xanthophyll】
カロテノイドのうち、水酸基の形で酸素を含む色素の総称。葉・花・卵黄など生物界に広く存在し、葉緑体中では光合成の補助色素となっている。カロテノイドアルコール。葉黄素。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

キサントフィル
きさんとふぃる
xanthophyll
カロチノイドの一種で、末端のイオノン(ヨノン)環にヒドロキシ基やエポキシド基の形で酸素を含む一群の色素の総称。生体内ではカロチン類の酸化によってつくられる。光合成の際に、補助色素として光のエネルギーの受け渡しをする。緑葉に含まれるキサントフィル類としてはルテインが代表的なものである。黄化して光合成能の低下した葉では酸化のすすんだキサントフィル類が多くなる。クリプトキサンチンやゼアキサンチンも花弁や果実などに広くみいだされる。果皮などにはケトン基をもつ赤色のキサントフィルも低含量ながら広く含まれている。ホオズキ果実のフィザリエンやヤマブキ花弁の黄色色素ヘレニエンは、それぞれゼアキサンチンおよびルテインの脂肪酸エステルである。[南川隆雄]
『吉田精一・南川隆雄著『高等植物の二次代謝』(1978・東京大学出版会) ▽石倉成行著『植物代謝生理学』(1987・森北出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

キサントフィル
〘名〙 (Xanthophyl(l)) カロチノイド類のうち、水酸基、カルボニル基、エーテル状酸素などを含む色素の総称。アルコールに可溶。動・植物体に広く分布し、植物では花、果実、種子などに色をつける因となる。狭義には最も普通にみられるルテインをさす。葉黄素。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

キサントフィル
キサントフィル
xanthophyll

】酸素原子を含むカロテノイドの総称.ヒドロキシ基,カルボニル基,カルボキシル基,エポキシ基などの官能基が普通にみられる.炭化水素カロテノイドに比べて極性溶媒に易溶,炭化水素系溶媒に難溶.ルテイン,ゼアキサンチンクリプトキサンチンアスタキサンチンなどがもっともありふれたものである.【】緑葉のカロテノイド,ルテインの別名.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キサントフィル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キサントフィルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation