@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キジバト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キジバト
Streptopelia orientalis; oriental turtle dove
ハト目ハト科ヤマバトともいう。全長 33~35cm。頭部から胸腹部にかけては淡いぶどう色を帯びた灰褐色の側部には黒色と灰青色の横縞模様のがある。背は黒褐色で,赤褐色のよく目立つ鱗状斑がある。初列風切は黒色。尾は基部が青灰色で,後部に太い黒色の横帯があり,先端部は灰白色である。脚は赤紫色。中央アジアから東はシベリア南部,サハリン島,日本,南はインドからインドシナ半島北部,中国にかけての一帯に広く分布する。日本では北海道から南西諸島までの各地で繁殖し,民家の庭,公園,農耕地から低山の林などに生息する。アジア大陸北部や北海道,東北地方北部では夏鳥(→渡り鳥)で,繁殖を終えると南下する。本州南部など留鳥として生息する地域では繁殖するつがいが一年中見られる。特徴のある声で「ででーぽーぽー」と聞こえる声で鳴く。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

キジバト
きじばと / 雉鳩
rufous turtle dove
[学] Streptopelia orientalis

鳥綱ハト目ハト科の鳥。ウラル山脈より東のユーラシアに広く分布し、北方のものは南へ渡って越冬する。日本では、北海道から八重山列島(やえやまれっとう)まで繁殖しているが、北海道のものは、冬には南下してしまう。平地や低山の林に多く、ヤマバト(山鳩)の別名で親しまれている。全長約33センチメートル、体重200~300グラム。全体に赤みを帯びた灰色で、風切(かざきり)と尾は黒みが強い。肩と雨覆(あまおおい)の羽には、赤褐色の縁どりがありキジに似ているので、この名があるといわれている。尾の先端には淡青灰色の帯があり、飛ぶと目だつ。頸(くび)の両側に黒と淡青灰色の横縞(よこじま)模様があり、雌雄間のディスプレーのときに誇示される。おもに地上に落ちた草の種子、木の実を拾って食べる。木の枝に粗末な巣をつくり、2卵を産む。雌雄が交代で抱卵する。都会の街路樹にも巣をかけるが、造巣中または抱卵中になんらかの妨害を受けると、巣を捨てることが多い。巣の近くで羽音をたてながら急上昇し、翼と尾を広げた一見タカに似た飛翔(ひしょう)形で滑空するディスプレー飛行をすることが多い。町の中の民家にも飛来し、なれるとまったく人を恐れなくなる。狩猟鳥である。ヨーロッパには、やや小形の近縁種で英名を単にturtle doveというコキジバトS. turturが分布している。

[竹下信雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キジバト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キジバトの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation