@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キスム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キスム
Kisumu
ケニア南西部の町。ニアンザ州の州都。ナクル西北西約 150km,ビクトリア湖東岸近くに位置。ビクトリア湖とインド洋を結ぶ鉄道交通の要衝で,工業商業漁業の中心地。コーヒー,綿花ゴマなどを集散。国内航空の空港がある。人口 16万 7100 (1984推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

キスム(Kisumu)
ケニア西部の港湾都市。ニャンザ州の州都。ビクトリア湖北東部、カビロンド湾に面する。港があり、漁業が盛ん。また、ルオ族が多く居住する。20世紀初頭にモンバサと鉄道で結ばれ、綿花、コーヒー、砂糖などの集散地として発展した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

キスム【Kisumu】
東アフリカのケニア西部の都市で,ニアンザ州の州都。人口20万1000(1991)。内陸の大湖ビクトリア湖の北東部に突出しているカビロンド湾に臨む。湖畔の豊かな農業地帯の商工業の中心で,砂糖,冷凍魚,繊維,サイザルアサの加工などの工場がある。ナイロビに通ずる鉄道(1901開通)や空港があり,湖上航路の重要港としての役割も大きい。【西野 照太郎

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

キスム
きすむ
Kisumu

アフリカ東部、ケニア西部の港湾都市。ニャンザ州の州都。ビクトリア湖東岸のニャンザ湾に臨む。人口26万8300(2002推計)、ケニア第三の都市である。1901年にインド洋岸モンバサから鉄道が通じた。今日では陸上およびビクトリア湖の水上交通の要地で、綿花、コーヒー、トウモロコシ、ラッカセイ、ゴマなどの農産物を集散する。造船、魚加工、皮加工、製粉、製材などの工場も立地する。

[赤阪 賢]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キスム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キスムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation