@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キタラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キタラ
kithara
古代ギリシアの撥弦楽器。形はリラに似て,大型。アポロン楽器とされ,ギターツィター語源

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

キタラ(〈ギリシャ〉kithara)
リラから発達した古代ギリシャの撥弦楽器共鳴胴に立てた2本の腕木を横木で結び、横木との間に5~11本のを張ったもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

キタラ【kithara】
古代ギリシアの弦楽器。その名の原義は〈胸〉。キタラという語は前5世紀から現れるが,さらに以前にさかのぼるという説もある。木製の共鳴胴の上に太い2本の腕木がのびており,その間にわたされた横木に通常7本(多くて12~18本)の弦が張られ,指またはプレクトラムで撥奏される。古代ギリシアの弦楽器リラと同属だが,リラが素人向きであるのに対し,キタラは職業音楽家に好まれ,前7世紀以来,キタラ伴奏による歌キタロディーが栄えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

キタラ
きたら
kithara

古代ギリシアの弦楽器。リラ(ライア)とともに、いわゆるギリシアの竪琴(たてごと)として知られている楽器だが、起源はかなり古い。リラと違って箱形の胴をもち、じょうぶだが、大きくて重い。垂直に持ったり、膝(ひざ)の上にのせたりして演奏された。弦の数は3本から12本で、時代が下るほど多くなり、指またはプレクトラム(義甲)で弾奏された。調弦が可能であるため、古代ギリシアの音組織と関係があるとされる。また、管楽器アウロスのディオニソス的な性格と対比して、アポロン的と性格づけられていた。

[前川陽郁]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

キタラ
〘名〙 (kithara) 古代ギリシアの撥弦楽器。木製の共鳴胴に銅板や角の板を重ね、五本から一一本の弦を張った。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キタラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キタラの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation