@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キトンボ【きとんぼ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

キトンボ
きとんぼ / 黄蜻蛉
[学]Sympetrum croceolum
昆虫綱トンボ目トンボ科アカネ属の昆虫。体長約40ミリメートル、後翅(こうし)長30ミリメートル。全体橙褐色(とうかっしょく)を帯びた太身のアカトンボで、成熟すると雄の腹背は赤みが強くなる。樹林のある平地や低山地の池沼に育ち、夏の終わりごろに現れていったん池を離れ、成熟してふたたび池沼に現れて10月ごろまでみられる。北海道から九州まで分布するが、北海道では希種である。中国大陸の東部にも産する。[朝比奈正二郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キトンボ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キトンボの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation