@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キヌア

食の医学館

キヌア
〈宇宙食としてNASAも指定した食品〉
 キヌアは南米アンデス山脈の、標高3000m近くに生育するアカザ科の植物です。80~150cmぐらいの高さになり、先端部に直径1~3mmほどの実を穂状につけます。キヌアを食べると長生きし、病気の回復も早まることが知られ、古代インカの人々は「母なる穀物」として主食にしていました。近年の健康ブームで見直されたものです。
○栄養成分としての働き
 キヌアは白米や小麦などの穀物とくらべ、たんぱく質、ミネラル、脂質、食物繊維が豊富です。とくにたんぱく質はすべての必須アミノ酸を含み、またビタミンB2も小麦の4倍含まれています。栄養価の高さとバランスのよさから、NASAが21世紀の主食として、宇宙食に指定したほどです。
〈病院・介護食として日本でも活用〉
 栄養価の高さなどからキヌアは離乳食や老人食に適しており、医療現場でも病院・介護食として使われています。また主食の米や小麦はイネ科ですが、キヌアはアカザ科なので、イネ科植物によるアレルギーの回転食ともなっています。食物繊維が豊富なため、便秘(べんぴ)を予防しますし、腸からのコレステロール吸収が抑制され、脂質異常症や高血圧の予防にもなります。
 また鉄分、カルシウムが多く、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の予防も期待されます。
 一方、熱量と糖質はほかの穀類より少なく、しかも良質のたんぱく質が豊富なのでダイエット食としても注目を浴びています。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

デジタル大辞泉

キヌア(quinoa)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

キヌア
きぬあ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キヌア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キヌアの関連情報

関連キーワード

太陽観測衛星スペースシャトルNASA若田光一宇宙政策(米国の)アポロ計画木星探査機土井隆雄ハビタブル惑星ナサ(NASA)宇宙商業開発センター

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation