@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キネトスコープ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キネトスコープ
Kinetoscope
1891年アメリカの発明王 T.エジソンが創案した映写機の一種の商標名で,これによって映画が誕生した。その前年 G.イーストマンによって考案された長さ 12.2mのフィルムを,自動装置でぐるぐる回し,下にある電球の光に透かして,上から拡大鏡でのぞくようになっている。この「のぞき映画」は1人しか見られないが,たちまち興行用に採用されて人気を集めた。やがて 95年,大きく投影して多数の観衆を同時に楽しませるシネマトグラフ Cinématographe,96年にバイタグラフ Vitagraphが公開され,企業化されて映画事業発展の基礎となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

キネトスコープ(Kinetoscope)
1889年にエジソンが発明した映写機械。箱の中でフィルムを回転させ、上からのぞいて見るもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きねとすこーぷ【キネトスコープ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

キネトスコープ【Kinetoscope】
初期の活動写真機の一種。1889年から94年にかけてエジソンが発明。40~50フィートのフィルムがループになり箱の中に納められており、コインを投入し、フィルムを走行させ、それをのぞきこんで見る装置。商標名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

キネトスコープ
〘名〙 (Kinetoscope) エジソンが発明した初期の映写機械。約四〇フィートのフィルムを一秒四六コマの速度で約三〇秒間回転させ、のぞきめがね式の装置で見る。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キネトスコープ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キネトスコープの関連情報

関連キーワード

バーナムドボルザーク(Antonín Dvořák)ワイルドマッキム・ミード&ホワイトイグナチー ポタペンコドミトリー マミン・シビリャーク内閣総理大臣ゴーギャン自由新聞マルティ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation