@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キプロス共和国【きぷろすきょうわこく】

世界大百科事典 第2版

きぷろすきょうわこく【キプロス共和国】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉

キプロス(〈ギリシャ〉Kypros)
糸杉》地中海東部にあるキプロス島を占める国。正称キプロス共和国。首都ニコシア。1571年オスマン帝国領、1925年英国の植民地となり、ギリシャへの帰属の動きも出るなか、1960年独立。住民の8割を占めるギリシャ系住民とトルコ系住民とが対立。1964年からPKF(国連平和維持軍)が駐留。1974年トルコ軍が北部に進駐して南北に分断される。1983年北部が独立を宣言して「北キプロス・トルコ共和国」を名のるが国連未承認。南部のキプロス共和国は2004年EU欧州連合)に加盟。2008年1月からユーロを導入。人口110万(2010)。サイプラス。クブルス南キプロス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

キプロス‐きょうわこく【キプロス共和国】
地中海東部、キプロス島を占める共和国。首都ニコシア。古くはギリシア、フェニキア、ペルシア、ローマなどに支配され、一五七一年オスマン‐トルコ帝国領、一九二五年イギリスの直轄植民地となり、六〇年独立、六一年イギリス連邦に加盟。銅の産出で知られ、オオムギ、ブドウ、オリーブなども産する。第二次世界大戦以後、ギリシア系住民、トルコ系住民の対立が絶えない。→キプロス島

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キプロス共和国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キプロス共和国の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation