@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キマイラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キマイラ
Chimaira
ギリシア神話の怪獣テュフォンエキドナの間に生れた恐ろしい怪物の一つで,ライオン,やぎ,へびの頭をもち,口から火を吐いた。小アジアのカリア地方に住み,周辺の土地を荒していたが,リュディア王イオバテスの命令を受けたベレロフォンが,天馬ペガソスの助けをかりて退治したとされる。美術では,古代ギリシア以来工芸品の文様として用いられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

キマイラ(〈ギリシャ〉Khimaira)
キメラ1

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

キマイラ【Chimaira】
ギリシア神話の怪獣。その名は〈雌ヤギ〉の意。ホメロスの《イーリアス》には,〈前方はライオン,うしろは大蛇,まんなかはヤギのかたちをなし,ものすごい火炎を口から吐く〉とあり,この恐るべき怪獣をヘシオドスの《神統記》は,冥府の番犬ケルベロスやレルナの水蛇と同様,怪物テュフォンとエキドナの子に数えている。キマイラは小アジアのリュキア地方で猛威をふるっていたが,神馬ペガソスに乗った英雄ベレロフォンに射殺された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

キマイラ
きまいら
Chimaira

ギリシア神話の怪物。ヒドラ(水蛇)あるいはエキドナ(蛇女)の子とされ、ホメロスによれば頭部は獅子(しし)、胴体は牝山羊(めやぎ)(ギリシア語でキマイラ)、後部は竜、またヘシオドスによれば、獅子と牝山羊と竜蛇の三つの頭をもつ合成怪獣とされる。口から火を吐いてはリキアの人畜を苦しめていたが、英雄ベレロフォンに退治された。今日生物学で、遺伝子型の異なる組織が合体した生物体のことを「キメラ」とよぶが、これはこの怪物にちなんだ命名である。

[中務哲郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

キマイラ
(Khimaira) ギリシア神話の怪物の一つ。口から火を吐いて人畜を苦しめた。ホメロスによれば、頭は獅子(しし)、胴体は牝山羊(めやぎ)、後部が龍といい、ヘシオドスによれば、獅子と牝山羊と龍蛇の三つの頭を持つ合成怪獣という。→キメラ

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キマイラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キマイラの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation