@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キム・ギドク【きむぎどく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

キム・ギドク
きむぎどく / 金基徳
(1960― )
韓国の映画監督。12月20日、慶尚北道奉化(けいしょうほくどうほうか/キョンサンプクドポンファ)の生まれ。17歳から工場で働きはじめ、20歳で海兵隊に志願し5年間を軍隊で過ごす。1990年に画家を志してパリに渡り、帰国後は脚本家を目ざす。1996年『鰐~ワニ~』で監督デビュー。『魚と寝る女』(2000)、『受取人不明』(2001)がベネチア国際映画祭に出品されて国外での評価が高まる一方、『悪い男』(2001)が韓国国内で記録的なヒットとなり、また『春夏秋冬そして春』(2003)はアメリカで韓国映画最高のヒット作となるなど、名実ともに21世紀の韓国映画を代表する監督となる。身体毀損(きそん)などショッキングな描写を通じて人間存在の深奥に迫る作風は他の追随を許さない。『サマリア』(2004)でベルリン国際映画祭銀熊賞、『うつせみ』(2004)でベネチア国際映画祭銀獅子賞を受賞。トラブルがもとで引退を表明するも、自らの隠遁(いんとん)生活そのものを題材にした『アリラン』(2011)でカンヌ国際映画祭「ある視点」賞を受賞して復活。『嘆きのピエタ』(2012)でベネチア国際映画祭金獅子賞受賞。韓国映画史上初の世界三大映画祭受賞監督となった。[石坂健治]

資料 監督作品一覧

鰐~ワニ~ Ag-o(1996)
ワイルド・アニマル Yasaeng dongmul bohoguyeog(1997)
リアル・フィクション Shilje sanghwang(2000)
魚と寝る女 Seom(2000)
受取人不明 Suchwiin bulmyeong(2001)
悪い男 Nabbeun namja(2001)
コースト・ガード Hae anseon(2002)
春夏秋冬そして春 Bom yeoreum gaeul gyeoul geurigo bom(2003)
サマリア Samaria(2004)
うつせみ Bin-jip(2004)
弓 Hwal(2005)
絶対の愛 Shi gan(2006)
ブレス Soom(2007)
悲夢 Bi-mong(2008)
アリラン Arirang(2011)
アーメン Amen(2011)
プンサンケ Poong-san-gae(2011)
嘆きのピエタ Pieta(2012)
『チョン・ソンイル編著、秋那・南裕恵共訳『キム・ギドクの世界――野生もしくは贖罪の山羊』(2005・白夜書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現代外国人名録2016

キム・ギドク
金 基徳
Kim Ki-duk
職業・肩書
映画監督

国籍
韓国

生年月日
1960年12月20日

出身地
慶尚北道奉化

本名
Kim Ki-duk Ⅱ

受賞
モスクワ国際映画祭審査員特別賞〔2000年〕「魚と寝る女」,ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭グランプリ〔2001年〕「魚と寝る女」,青龍賞最優秀作品賞(第24回)〔2003年〕「春夏秋冬そして春」,ベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞,第54回)〔2004年〕「サマリア」,ベネチア国際映画祭特別監督賞・国際映画批評家連盟賞(第61回)〔2004年〕「うつせみ」,大鐘賞作品賞(第41回)〔2004年〕「春夏秋冬そして春」,カンヌ国際映画祭ある視点賞(第64回)〔2011年〕「アリラン」,東京フィルメックス・コンペティション部門観客賞(第12回)〔2011年〕「アリラン」,ベネチア国際映画祭金獅子賞(第69回)〔2012年〕「ピエタ」,青龍賞最優秀作品賞(第33回)〔2012年〕「ピエタ」

経歴
韓国海浜隊に所属後、1990年画家を目指し渡仏するが、’94年帰国。シナリオの執筆を始め、公募で受賞したことがきっかけとなり、’96年「CROCODILE(ワニ)」で映画監督デビュー。「WILD ANIMALS(ワイルド・アニマル)」(’97年)、「悪い女 青い門」(’98年)、「魚と寝る女」(2000年)が韓国国内のほか世界各国の映画祭に招待され、絶賛される。「魚と寝る女」はモスクワ国際映画祭審査員特別賞、ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭グランプリなどを獲得。2001年「受取人不明」をベネチア国際映画祭コンペに出品。2012年「嘆きのピエタ(原題・「ピエタ」)」でベネチア国際映画祭金獅子賞を受賞。韓国映画が三大映画祭で初めて最高賞を獲得した。他の作品に「REAL FICTION(リアル・フィクション)」(2000年)、「悪い男」(2001年)、「コースト・ガード」(2002年)、「春夏秋冬そして春」(2003年)、「サマリア」「うつせみ」(2004年)、「弓」(2005年)、「絶対の愛」(原題・「時間」,2006年)、「ブレス」(2007年)、「悲夢」(2008年,オダギリジョー主演)、「アリラン」(2011年)、「メビウス」(2013年)などがある。2001年8月来日。

出典:日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キム・ギドク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キム・ギドクの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation