@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キャッシュフロー計算書【きゃっしゅふろーけいさんしょ】

知恵蔵

キャッシュフロー計算書
キャッシュフローとは現金の流出入のことであるが、キャッシュフロー計算書でいうキャッシュフローとは、そのうちフリーキャッシュフローと呼ばれるもの。資金の提供者にとってフリーということで、資金提供者たる株主、社債権者に分配できるキャッシュフローを指す。税引き後の利益に現金支出を伴わない費用たる減価償却費を加えて、運転資本投資額と固定資産投資額を差し引いて算出される。キャッシュフロー計算書では、(1)営業活動によるもの、(2)投資活動によるもの、(3)財務活動によるもの、の3つに区分してキャッシュフローを表示し、それぞれ合計が出される。株主や投資家は、キャッシュフロー計算書によって企業の活動別のキャッシュフロー金額とその相互関係を知り、企業の財務戦略を知ることができる。
(小山明宏 学習院大学教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

キャッシュフロー‐けいさんしょ【キャッシュフロー計算書】
貸借対照表損益計算書とともに財務諸表中心をなすもので、企業の一定期間の資金の収支キャッシュフロー)を記した計算書。内容は、営業活動、設備投資などの投資活動、借り入れや返済などの財務活動の3種に区分される。C/S。C/F(cash flow statement)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式公開用語辞典

キャッシュフロー計算書
証券取引法の適用企業における基本財務諸表の一つとして位置づけられている。企業または企業集団の一会計期間におけるキャッシュ(現金・現金同等物)の収支(=キャッシュフロー)を報告する資料。一般的に、現金同等物とは取得日から3カ月以内に満期日または償還日が到来する短期的な投資等とされています。キャッシュフロー計算書は、
・連結キャッシュフロー計算書
・中間連結キャッシュフロー計算書
・個別ベースのキャッシュフロー計算書
・中間キャッシュフロー計算書
総称

出典:株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント

キャッシュフロー計算書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キャッシュフロー計算書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation