@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キャッチ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キャッチ
catch
17~18世紀に流行したイギリスの3声またはそれ以上の声部の輪唱歌詞の内容は滑稽なものや,卑俗なものが多く,その最初の例は歌曲集『パメリア』 Pammelia (1609) にみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

キャッチ(catch)
[名](スル)
捕らえること。捕捉(ほそく)。「情報をキャッチする」
球技で、ボールを捕らえること。捕球。
水泳や漕艇(そうてい)で、水をうまくとらえること。
《「キャッチャー」から》野球で、捕手

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゃっち【キャッチ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

キャッチ【catch】
スル
とらえること。つかまえること。 情報を-する
球技でボールをとらえること。捕球。
キャッチャーの転 捕手。
手やオールで水をとらえること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

キャッチ
〘名〙 (catch)
① (━する) (電波、情報などを)とらえること。つかまえること。〔アルス新語辞典(1930)〕
※絶壁(1949)〈井上友一郎〉一「正確なその情報をキャッチしようと努める」
② (━する) 球技でボールを捕えること。または受けること。
※日本野球史(1929)〈国民新聞社運動部〉白金・駒場の対戦「球のキャッチが巧みであって」
③ (━する) 漕艇(そうてい)や水泳で、ストロークのためにオールや腕で水をよくとらえること。
④ 「キャッチャー」の略。
※新式ベースボール術(1898)〈高橋雄次郎〉三「原語で『キャッチャー』(Catcher)と云ひ、略して『キャッチ』と呼び」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キャッチ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キャッチの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation