@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キャピタル・ゲイン【きゃぴたるげいん】

ナビゲート ビジネス基本用語集

キャピタル・ゲイン
有価証券や土地などの資産の売買によって得られる差益のこと。売買差益に対しては、他の所得とは別に課税される(キャピタル・ゲイン課税)。 なお、資産価値が下がることによって生じた損失のことをキャピタル・ロスという。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

投資信託の用語集

キャピタル・ゲイン
投資元本(キャピタル)の値上がりによる収益のこと。投資信託の収益にはインカムゲイン(Income Gain)とキャピタルゲイン(Capital Gain)があるが、そのうち、株式等有価証券の値動きにより投資元本(キャピタル)の値上がりによる収益をいう。

出典:(社)投資信託協会

ワイジェイFX用語集

キャピタル・ゲイン
投資した時の価格よりも売却時の価格が高い事による売買益の事を言います。

出典:ワイジェイFX株式会社
Copyright © 2003-2014 YJFX, Inc. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
尚、本件サービスの利用に際し、実際に外国為替証拠金取引(FX)の取引を行う場合は、自己の責任において行うようお願い致します。また、取引について発生した損害について弊社は一切保証致しません。

FX用語集

キャピタル・ゲイン
債券や株式、通貨、不動産など、資産価格の上昇により生じた利益のこと。【←→インカムゲイン】

出典:(株)外為どっとコム
(C)2002-2010 Gaitame.com Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゃぴたるげいん【キャピタル・ゲイン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

キャピタル・ゲイン
きゃぴたるげいん
capital gains
土地や有価証券など保有資産の値上りによる利益をいう。キャピタル・ロスcapital lossesに対する語。この価値の増加は単なる評価額の上昇を意味することもあれば、それの売却譲渡による実現を意味することもある。キャピタル・ゲインをねらった積極的経済行動、とくにごく短期間で繰り返される売買行動が投機であって、その典型は株の売買などにみいだされる。投機は、ある資産の値上りを期待して、それを相対的に低廉な時期に購入し、相対的に高くなった時点で売却することによってキャピタル・ゲインを手にしようとする行為であるから、資産(商品)の価格の安定化に寄与するという主張も生まれる。これをフリードマン命題というが、この命題が成立するためには多くの限定条件が必要である。それは、現実に投機行為があるために、商品市場や外国為替(かわせ)市場においてしばしば価格の安定化よりもその乱高下が引き起こされているのをみれば明らかである。[大塚勇一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キャピタル・ゲイン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キャピタル・ゲインの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation