@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キャベンディッシュ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キャベンディッシュ
Cavendish, Lord Frederick Charles
[生]1836.11.30. サセックスイーストボーン
[没]1882.5.6. ダブリン
イギリスの政治家。カベンディッシュとも表記される。ホイッグ貴族の名門,デボンシャー公家に生れる。 W.グラッドストンの信頼を得て自由党政府の財政を担当。次いで 1882年5月アイルランドに大臣として赴任したが,アイルランド民族主義者によって殺害された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キャベンディッシュ
Cavendish, George
[生]1500
[没]1561頃
イギリスの伝記作者。ウルジー枢機卿に仕え,その伝記『枢機卿ウルジーの生涯』 Life of Cardinal Wolsey (1558完成) はイギリス最初の伝記文学といわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キャベンディッシュ
Cavendish, Henry
[生]1731.10.10. ニース
[没]1810.2.24. ロンドン
イギリスの物理学者,化学者。両親とも富裕な貴族の家柄。ケンブリッジ大学に学んだが学位を取ろうとせず,極端に孤独を愛し,自邸で科学研究に没頭。ロイヤル・ソサエティ会員 (1760) 。フランス学士院外国人会員 (1803) 。彼の研究は物理学,化学の多くの分野にわたり,その実験の精密さ,研究方法の意識的確立,推論の緻密さは特筆すべきものであった。特に気体研究に重要な貢献をなし,1766年の「可燃性空気」すなわち水素発見は有名である。のちに水が水素を燃やすことによってできることから水の組成を決定 (1784~85) したが,発見の先取権をめぐって J.ワットらとの「水論争」に巻込まれた。 1770年代に C.クーロンに先立って静電気力の逆二乗則を発見,さらに学研究でも公表していれば J.ブラックの比熱,潜熱の発見を先取りする成果を残していたが,いずれも発表公刊せず,ほぼ1世紀後,J.C.マクスウェルに発掘されるまで,知られなかった。 98年にねじり秤によって万有引力定数測定し,地球の密度を求めた「キャベンディッシュの実験」は最も有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

キャベンディッシュ(Cavendish)
カナダ南東部、プリンスエドワードアイランド州の町。プリンスエドワード島北岸にある。モンゴメリーの小説「赤毛のアン」のアボンリー村のモデルとなった場所。グリーンゲイブルズをはじめ、モンゴメリーの生家や墓がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キャベンディッシュ(Henry Cavendish)
[1731~1810]英国物理学者・化学者。水素の発見、水の組成の決定、地球比重の測定、静電気法則の発見など多くのすぐれた業績を残した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キャベンディッシュ(Cavendish)
バナナ栽培品種の一つ。1950年代にパナマ病で壊滅的な被害を受けたグロスミッチェル種に代わって、広く栽培されるようになった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

キャベンディッシュ【Henry Cavendish】
1731~1810 イギリスの物理学者・化学者。水素の発見、水の合成などの化学研究をはじめ、電気・熱の研究、地球の質量・比重の測定など、多くの業績を残した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

キャベンディッシュ
きゃべんでぃっしゅ
Henry Cavendish
(1731―1810)
イギリスの物理学者、化学者。父は第2代デボンシャー公の五男チャールズ・キャベンディッシュ卿(きょう)Lord Charles Cavendish(1704―1783)、母はケント公の娘という名門の貴族の家に生まれた。自然科学とその応用に関する広範なテーマに関心をもち、忍耐強く正確な実験を重ねたが、著作はなく、論文も18編を残しただけで、多くの仕事が生前に公表されないままであった。そのなかには後の科学者たちの仕事に先行する重要な研究がちりばめられていた。莫大(ばくだい)な財産を残してこの世を去ったが、生活は質素で生涯独身であった。また、極度の人見知りで、王立協会との結び付きを除けばなかば隠遁(いんとん)生活を送った。
 父のチャールズは優れた実験家で、1727年に王立協会会員、さらに1757年には同協会副会長となり、気象学、熱学、磁気学上の実験を父子で行うなど、ヘンリーに大きな影響を与えた。ヘンリーは1749年にケンブリッジ大学のセント・ピーターズ・カレッジに入学し、4年間在学したにもかかわらず学位を取得せずに卒業した。宗教関係の試験を受けたくなかったためといわれている。理由は、彼が宗教にはまったくの無関心であったからだが、17、18世紀にみられた科学者の宗教との深い結び付きから、徐々に解放されていく時代を象徴しているといえる。[高山 進]

業績

最初の仕事は、父の気象学の研究に刺激されて行った熱についての実験的研究および力学の理論的研究であったようである。熱については、同時代のスコットランドの化学者および医学者カレンWilliam Cullen(1710―1790)や同じくスコットランドの化学者J・ブラックらの研究を知っていたといわれる。比熱、潜熱、化学変化による熱の出入りなどを調べた。力学の研究を通して熱は粒子の振動であるとしたニュートンの見解を引き継ぎ、他の科学者に大幅に先んじて、振動粒子の「メカニカル・モーメンタム」(運動エネルギーにあたる)が熱にほかならないと断言している。熱についての他の研究としては、1783年に硝酸を寒剤として水銀を零下39.26℃で凝固させたほか、1788年には、さまざまな酸の凝固点が濃度によって異なることを実験で確かめた。
 初めての論文は1766年に出された「人工的空気に関する実験についての三つの論文Three Papers, containing Experiments on Factitious Airs」であった。可燃性空気(水素)やブラックの発見した固定空気(二酸化炭素)を集め、燃焼性、水への溶解性、比重を測った。その結果、可燃性空気の比重は空気の11分の1、固定空気は1.57倍であることを報告した。1783年以降、ふたたび気体の研究に関する論文を書き、可燃性空気と普通の空気との混合を電気火花で爆発させると水滴ができること、また、反応するのは空気の5分の1であること、残りを電気火花を発して脱フロギストン空気(酸素)と結合させても、その約120分の1は反応せずに残ることなどを精密な実験により確かめ、報告した。この最後まで反応しない気体こそ1世紀以上のちの1894年にレイリーによって発見されるアルゴンガスであり、彼の数値はほぼ正しかった。
 1771~1781年の時期、彼は電気に取り組んだ。1771年、電気は単一の流体からなるとする一流体説による数学的理論をつくり、論文にした。流体間の電気力は、距離の3乗より少ないべき(累乗)に逆比例して反発するという結論であった。出版はされなかったが、おそらくそのすぐあとに、逆二乗法則に到達したようである。プリーストリーが1767年に指摘はしていたが、これが法則として確立するのは1785年クーロンによってであった。1776年のデンキナマズの効果について触れた論文では、さまざまな物質による電気伝導度の違いを測定している。また、引き続いて、溶液を入れたガラス管の長さを変えて抵抗の大きさを比べている。それらの測定はすべて自分の体に電気を通した感覚によって調べたが、その結果は定量的な数値として表された。たとえば、井戸水の抵抗は雨水の41分の6、雨水は蒸留水の2.4分の1などである。彼の電気についての業績は、のちにスコットランドの物理学者マクスウェルが編集し、1879年に出版された。その後、天文学に関する論文を5編と、地球の密度を決定する実験報告の論文などを発表した。世間離れした彼の生活ではあったが、王立協会の会合には毎週出席し、50年間会員を通し、27年間評議員を務めた。彼はまた自然科学の産業への応用についても関心をもっていたが、実利と結び付けるような活動はいっさいしなかった。
 ケンブリッジ大学のキャベンディッシュ研究所は、キャベンディッシュ一族の、学者であり産業家でありケンブリッジ大学総長であった第7代デボンシャー公の寄付に基づいて設立され、ヘンリーや第7代デボンシャー公を含む一族の功績をたたえて命名された(1874)。[高山 進]
『J・G・クラウザー著、鎮目恭夫訳『産業革命期の科学者たち』(1964・岩波書店) ▽レピーヌ・ニコル著、小出昭一郎訳・編『キャベンディッシュの生涯』(1978・東京図書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

キャベンディッシュ
(Henry Cavendish ヘンリー━) イギリスの化学者、物理学者。水が水素と酸素から成ることを発見。固定空気(二酸化炭素)の性質、気体の密度と溶解度に関する定量的研究、地球の密度測定を行ない、その他、電気学、熱学、天文学など多方面に業績を残した。(一七三一‐一八一〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

キャベンディッシュ
キャベンディッシュ
Cavendish, Henry

イギリスの自然哲学者.名門貴族の出身で,1749~1753年ケンブリッジ大学で学んだが,学位を取得することはなかった.内向的な性格で生涯独身を貫いたが,ロイヤル・ソサエティなどの学会活動には積極的に参加した.研究は広範囲にわたっているが,その研究手法はI. Newton(ニュートン)にはじまる研究方法の影響を受けている.しかし,その研究成果は未発表のものが多く,1879年にJ.C. Maxwellが公表するまでは埋もれたままであった.おもな研究として,電位概念および導体電気容量概念の発見,水銀の凝固点の測定,地球の密度の測定などがある.電気研究においては,電気の単一流体説をとり,C.A. Coulombに先だって電気の逆二乗則を模索した.気体研究においては,人工空気(水素)を発見し,ロイヤル・ソサエティよりコプリ・メダルを受賞.1784年に発表された水の合成実験は,水が元素の一つだとするかれと,化合物だと主張するJames Watt(1736~1819年)らとの間に,水の組成をめぐる論争を引き起こした.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キャベンディッシュ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キャベンディッシュの関連情報

関連キーワード

ビュヒナー(Karl Georg Büchner)郡内騒動ショパンディケンズ天保の飢饉タルカットニコライハウスフォスターニコライ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation