@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キャラバンサライ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キャラバンサライ
caravansary
隊商のための宿泊施設。トルコではハーン,中央アジアではラバト,北アフリカではフンドゥークと呼ぶこともある。街道の途中にある場合は通常,1ヵ所だけ門を開いた堅固な周壁で防備され,中庭に面して諸室を設ける。人の使う部分とらくだや馬の使う部分の配置によっていくつかの形式がある。すなわち,重層とし上下に分けるもの,厩などを後方に付属させるもの,中庭に直接面する部分と周壁に沿う部分とに区分するものなどがある。商人のほか,巡礼者なども宿泊し,都市の中に設けられる場合もあった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

キャラバンサライ
kārvānsarāy
西アジアや内陸アジア西部にみられる隊商の停泊地・宿
移動中の商人の宿泊施設としての役割をもつものと,商人の取り引き事務所としての役割をもつものの2種類があった。同郷の者や,同じ物品を扱う者同士が共同で部屋を借りることが多く,仲買人による取り引き場としての性格ももっていた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キャラバンサライ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キャラバンサライの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation