@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キャロル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

キャロル
Carroll, James
[生]1854.6.5. イギリス,ウーリッチ
[没]1907.9.16. アメリカ,ワシントンD.C.
アメリカ陸軍の軍医。 1897~1902年,W.リードらとともにハバナのアメリカ陸軍黄熱委員会の委員として,黄熱の原因の探究に参加。自分自身の人体実験で,黄熱は一種のカ Aedes aegyptiによって人体に感染することを証明し,その病原体ウイルスであることを実証した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キャロル
Carroll, Lewis
[生]1832.1.27. チェシャー,ダーズベリー
[没]1898.1.14. サリー,ギルフォード
イギリスの童話作家,数学者。本名 Charles Lutwidge Dodgson。オックスフォード大学に学び,1855~81年,母校の数学講師をつとめ,十数冊の数学書を著わす。筆名で発表した『ふしぎの国のアリス』 Alice's Adventures in Wonderland (1865) および『の国のアリス』 Through the Looking-Glass and What Alice Found There (72) は,いずれも少女アリスの奇想天外な冒険を綴った空想物語で,児童文学の傑作として世界中で愛読されている。ほかにノンセンス詩『スナーク狩り』 The Hunting of the Snark (76) ,小説『シルビーとブルーノー』 Sylvie and Bruno (2巻,89,93) および詩集などがある。それらの物語や詩は児童文学の枠をこえて,現代のシュルレアリスムや不条理文学の先駆に数えられ,ノンセンス文学の典型ともいえる。キャロルは聖職者の資格を得ながら,内気な性格吃音のために説教壇には立たず,写真を趣味に子供を愛しながら一生独身を守った。ビクトリア朝の代表的奇人である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キャロル
Carrol, Paul Vincent
[生]1900.7.10. ブラックロック
[没]1968.10.20. グラスゴー近郊
アイルランドの劇作家。偏狭なカトリシズムと自由主義的思想の葛藤を扱った作品が多い。代表作『影と本質』 Shadow and Substance (1937) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キャロル
carol
おもにクリスマスに歌われる単純な斉唱,合唱の宗教的祝歌教会儀式のための音楽に比べて民衆的な親しみやすい性格が特徴。 14~16世紀のイギリスで発展

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

キャロル(carol)
キリスト教会で、主としてクリスマスの季節に歌われる民謡調の祝いの歌。クリスマスキャロルカロル

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キャロル(Lewis Carroll)
[1832~1898]英国童話作家・数学者。「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」など、ユーモラスで幻想的な童話で知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

キャロル
マツダが1962年から販売している軽自動車。5ドアハッチバックを中心とする。1998年以降、スズキアルトのOEM車になった。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

キャロル【Lewis Carroll】
1832‐98
イギリスの童話作家。本名はドジソンCharles Lutwidge Dodgson。チェシャー地方の牧師の家に11人兄弟姉妹の第3子,長男として生まれた。有名なパブリック・スクール,ラグビー校に入学したが,男子全寮制の校風が肌に合わず,休暇に帰郷して,自作ノンセンス詩や漫画を載せた手書きの家族回覧雑誌を発行するのを楽しみにしていた。オックスフォード大学クライストチャーチ学寮に進み,卒業とともに数学講師となり,その独身の生涯のほとんどをここで過ごすことになる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

きゃろる【キャロル】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

キャロル【carol】
クリスマスまたは復活祭の祝歌。カロル。 クリスマス

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キャロル【Lewis Carroll】
1832~1898 イギリスの童話作家・数学者。本名、チャールズ=ドッジソン。童話「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」で知られる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

キャロル
〘名〙 (carol)⸨カロル⸩ 宗教的な斉唱、合唱歌曲の一つ。一五世紀前半のイギリスに始まる。クリスマスなどでうたわれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キャロル
(Lewis Carroll ルイス━) イギリスの童話作家。数学者チャールズ=ドジソンの筆名。「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」など、超現実的な作風の幻想的な童話で知られる。(一八三二‐九八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キャロル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キャロルの関連情報

関連キーワード

ハイネペリー(Matthew Calbraith Perry)安政オレンジ自由国安政地震神奈川条約津田ナダールリーマンシュピンナー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation