@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キャンティ

デジタル大辞泉

キャンティ(〈イタリア〉chianti)
イタリアのトスカーナ州キャンティ地方産のワイン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゃんてぃ【キャンティ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

飲み物がわかる辞典

キャンティ【Chianti(イタリア)】

イタリア中部のトスカーナ州キャンティ地区に産する、サンジョベーゼ種のぶどうを用いた赤ワイン。イタリアを代表するワインの一つ。わらの苞(つと)で包んだフラスコ形のボトルが知られる。◇「キアンティ」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

キャンティ
きゃんてぃ
chianti イタリア語

イタリア中部、トスカナ州キアンティ(キャンティ)地方で生産されるワイン。キアンティともいう。大部分が赤である。原料ブドウはサンジョベーゼ種(赤)が大半を占め、そのほかカナイオロ・ネーロ(赤)、トレビアノ・トスカノ(白)、マルバジア・デル・キァンティ(白)種との混醸でつくられる。製造法はゴベルノ法とよばれる独特の方法がとられる。主発酵の終わったワインの中へ、別に数週間天日で乾かしたブドウの搾汁(さくじゅう)を加え、約20日間、二次発酵を行う方法で、これはワインが若くて飲める特色がある。アルコール分は約12%。キャンティが世界的に有名になったのは容器のためで、フィアスコとよばれる麦藁(むぎわら)で編んだ籠(かご)の中にキャンティを詰めたフラスコ型の瓶が入っている。キャンティは並酒で、大衆に愛される酒であるが、なかには高級酒もある。しかしこの際はゴベルノ法はとらない。

[原 昌道]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

キャンティ
〘名〙 (chianti) 赤ワインの一つ。イタリアのトスカナ州北部に産する。フラスコ形のびんに入れ、周囲を草で編んだかごで包んである。〔モダン辞典(1930)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キャンティ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キャンティの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation