@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

キャンバス

デジタル大辞泉

キャンバス(canvas)
カンバス
野球で、1・2・3塁のベース。
ボクシングやレスリングの試合をするリングの床。
(Canvas)ウェブページの記述のためのマークアップ言語HTML5で新たに採用されたビットマップグラフィックス描画するための仕様。図形やグラフの描画、画像の合成、基本的なアニメーション作成が可能。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

キャンバス
正式社名「株式会社キャンバス」。英文社名「CanBas Co., Ltd.」。製薬業。平成12年(2000)設立本社は静岡県沼津市大手町。正常細胞に影響が少ない新規抗癌剤の研究開発目的とした創薬ベンチャー。東京マザーズ上場。証券コード4575。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゃんばす【キャンバス】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

キャンバス【canvas】
綿・麻などの太い糸で密に織った厚地の織物の総称。種類が多く、帆布・テント・画布・手芸用基布などに使用される。カンバス。 シューズ
野球の、一・二・三塁のベース。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

キャンバス
〘名〙 (canvas)
② 野球の一・二・三塁のベース。〔モダン語漫画辞典(1931)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キャンバス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

キャンバスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation